寒い日の出張

 普段よりも心掛けて早く寝て早く起きたのが5時15分。つまり朝から出張となる。6時前に家を出て地下鉄の駅へ。普段と通る道が違うから定点桜の前は通らない事になる。これで定点撮影も終わりになるかも知れない。
 地下鉄で新横浜に出る。6時34分の3Aのぞみを見送る何時ものパターン。今日の3A、自由席が割と乗っている。そうはいってもB席とD席に空席があるから6割程度。

しばらく待って501Aの到着。F3編成。こちらも3月までに比べると割と混んでいる。まぁ窓側に座れる程度ではあるが。単に金曜日のせいなのか、多少は景気が戻って来て人の動きが出てきたのか。
 世の中の景気が仮に戻ってきたとしても自分の懐までには影響が及ばないから駅弁よりは自分で握るおにぎりで、と言う選択の朝食をそそくさと済ます。小田原で隣に人が来なかったのを見届けてから睡眠。途中どこかで一度気付いた後は浜松だった。そろそろ起きなきゃなぁと思った次の瞬間に豊橋到着の案内。もう、降りる時間だ。
 横浜では降っていた雨も上がる。電車を乗り継ぎ客先へ。今日は午前中に二件。午後一件。まぁまぁ、何とか終わらせたような。15時半過ぎにお暇いただく。いつの間にかこちらも雨に路面が濡れている。やれやれ。
 残念ながらひかりの時間には間に合わないが、名古屋廻りよりは豊橋廻りの方が安いから2時間こだまに揺られる事にする。
 豊橋着。既にこだまは到着している。名古屋仕立ての668A、J48編成。通過待ちの最中。の筈が通過列車は現れない。そして
「浜松駅での不審者立ち入りの影響で」
 なんて案内が始まる。どうやら不審者は確保され運転順次再開、ではあるらしい。

 ひとまず、飲もう。
 通過待ちの後、発車と案内があって、通過線に列車がやってくる。来たけど、速度はゆるゆる。とても抜き去る気概はない。こちらの発車ベルが鳴ってドアが閉まる。通過線に停まるのぞみを置いて、待避線のこだまが先にゆく。10分ほどの遅延。さてこれからどうなるか。
 浜松手前で信号停止。そして駅に着いた後にのぞみを通過待ち。結局は抜かれることになる。同じように通過線でのぞみを待たせる光景は掛川でも繰り返された。
 三島ぐらいまでは10分延を引きずったまま走っていたのは覚えていたが、寝て醒めて到着案内。時間的に小田原かと思ったら既に新横浜。何故か定時到着。小田原の停車時間を詰められた、のだろうか。
 新横浜は雨。地下鉄で最寄りまでくると冷たい雨。でもたいした事は無かったから傘を差さずに帰宅する。
 一週間。妙に疲れた。今日は恥辱の公開もやらずにさっさと寝ることにする。