2022-10-01

アラームの音に気が付く。週末の朝。設定解除を忘れたかと思って時計を見ると4:15。いくら何でも早すぎで、今日は出掛ける用事があった事に初めて気が付いた。危うく二度寝するところだった。起き出して身支度少々。まだ暗いうちに家を出る。京阪電車の始発まで間がある時間。膳所の駅まで歩いてもまだ暗い。

 貨物列車がやって来る。2063列車のタイミングだがEF210-330号機牽引。変だと思って後で調べると71列車だったようだ。

 始発電車、今日は定刻である。15分揺られて京都駅まで。八条口に出ると東の空がほのかに赤くなる時間。
 伊丹ゆきのバス乗り場。行列が出来ている。間もなく

 始発の空港行き。ほぼ満席となる。空港まで45分少々。小さくなって京王線恥辱の遅延回復に努める。何とか何とか9月10日分を完了。後は仕込みがあるので、文章は出来ているが、20日分の順次公開というのもまた時間が掛かる作業。
 名神高速中国道、ともに何も行われておらず、40分少々で南ターミナル着。北ターミナルでも45分で到着する。1か月前より20分早い到着。定時運行で所要55分らしいから早着ではある。とは言えだいたい45分が期待値なので。

 空港には人が目立つ。今までは戻って来たといっても、たかが知れていた国際線乗り継ぎの窓口に本格的に人が戻っている。いざ自分が出かけようとすると燃油サーチャージとかいろいろ気になる事もあり、コロナ以前のように海外に出掛けられる気は全くしないけど、来年ぐらいは出掛けたい。その前に失効したパスポートを何とかしないといけないけど。
 手続き。クラスJへのアップグレードを全区間やって貰える。それでも多少は時間があったので

 ラウンジにも寄り道。軽食で朝食を済ませる事も出来る。こちらもありがたい。
 手続きの時、搭乗口は14番と言われている。普段と違うので聞き返してしまったが、気持ち早い目に席を立つ。

JL2401 JA253J ERJ-190 ITM→KOJ

 今日は1か月前と同じルートで実家へ見舞に行く。まずは実家と真反対側となる。鹿児島への空の旅。14番搭乗口を通り過ぎて、南側まで行くと搭乗機が良く見える。

 そこにいたのはJA253J。前回、9月10日に長崎王f区で乗った機材だ。先程までその時の事を綴っていたのでこの20日の出来事が全てショートしたような感覚になる。一人で苦笑い。

 2401便は6:50に事前改札開始。自分のチェックイン順が71とあるからそこそこ搭乗率は良いようだ。6:50を過ぎて事前改札。ついで優先搭乗。先程手続きをして貰ったクラスJの座席に落ち着く。
 そこそこ混んでいるようだが、クラスJには数席、空きが残るまま7:03、Doorclose。風の影響で所々揺れが予想されるとの事。鹿児島までの飛行時間は1時間と告げられる。7:07、Pushbuck。

 既に誘導路を行く僚機も見える中、出発への準備が進む。7:12、Taixing。誘導路を南へ向かう。RWy32Rの手前で停止。

 Q400が1機飛び立つのを見送り、こちらも動く。が、RWy32Rではなく。RWy32Lへと向かう。ずいぶん遠くまで来て

 滑走路へ。一呼吸おいて7:19、Take off RWy32L。伊丹の北側をぐるっと回って南に機首を向ける。地上で見上げる空は青かったが上空まで来ると意外と霞んでいる。

 神戸の街が見えて来て7:25、ベルト着用サイン消灯。
 パソコンを出して京王線恥辱を少し進める。その間に

 明石海峡大橋を右手に見て淡路島に沿って南西に向かう。淡路島は雲に隠れたり姿を見せたり。穏やかに飛んで行く。

 淡路島から四国の本島へと移ってゆく辺り。パソコンを操作していると「お仕事中失礼いたします」と飲み物のサービス。

 冷たいお茶を頂く。パソコンに気を使ってくれたのか、蓋を付けてくれた。
 飛行機は徳島県吉野川に沿って飛んで行く。

 川筋に沿って雲海が広がる様子が見て取れる。高度が低いフライトならば、さぞかし見事な景色だっただろう。
 飛行機は高知県上空を西に向かう。7:49、降下を開始し10分程でベルト着用サインが点灯する旨の案内。窓外には四国が尽きて愛西町か宿毛辺りの海が見えている。
 7:49、降下を開始し、10分後にベルト着用サインが点灯する旨の案内が入る。

 遠くに薄っすら九州の陸地が見えて来る。徐々に近づいてくると宮崎平野が広がる。相変わらず薄く霞んだ大地。

 宮崎平野を流れる五ヶ瀬川日向灘へと泥を運んでいる。宮崎が台風に襲われたのは二週間前だが、まだまだ影響が残っている様子が見て取れる。同じ宮崎平野でも大淀川はそこまで濁っていないのは尚早不思議ではある。
 8:05、ベルト着用サイン消灯。10分後に着陸との事。飛行機は南九州の内陸に入り込んでゆく。

 綿雲を敷き詰めたような景色を眺めて飛行機は降下してゆく。上手に雲を避けて降りたのか気が付くと

 錦江湾が見えるようになる。右手にカーブし国分の街を見ると丘陵地帯に。一気に地上が近づく。8:13、Landing、RWy34。減速すると誘導路へ。

 僚機の並ぶターミナルへ。8:16、Spot in SP10。
 準備が整いドアが開いて降機する。

 荷物を降ろし折り返し準備が進む。次のフライトまで40分弱。いったん外に出る時間はないので、制限エリア内に留まる。ひとまずラウンジで充電。出発20分前を目安に席を立つ。今度は9番搭乗口。
 向かうのは羽田。

JL642 JA318J B737-800 KOJHND



 今日はこの後、実家に向かう。よって飛ぶ先は羽田空港。1か月前のなぞり返しである。搭乗開始。今日はクラスJに上げている。3人掛けの窓側席に座って出発を待つ。さすがにクラスJは人気で、隣の2席も乗客が来て埋まる。8:49、Doorclose。8:51、Pushbuck。定刻より9分も早い。

 8:45の奄美大島行きに先んじて出発準備が進む。どことなく隣の3725便に遠慮するように停まると牽引車が離れてゆく。

 8:55、Taixing。

 8:55出発の伊丹ゆき、先程搭乗したJA253Jよりも早く誘導路を南に進み、滑走路端からすぐに滑走路へ。8:58、Take off RWy34。
 先程着陸時と同じく霞む南九州。飛行機は右手にカーブすると東に機首を向ける。

 薄らぼんやりした大地を見つつ飛行機は上昇してゆく。9:04、ベルト着用サイン消灯。

 着陸時よりも北側を廻っているのか、霞みつつも地上が見え続けて高度を上げる。志布志湾らしい海が見えて来て洋上に出る頃、飲み物のサービスが始まる。

 何となくクラスJの限定を貰う。先月はアサイードリンクという不思議なものだったが、今月はちょっと高級そうな野菜ジュース。荒絞りと言う感じで野菜スープでも飲んでいる感触だった。

2022-09-30

 目覚ましの音に気が付く。数分うだうだ。起き出すと身支度。出勤の直前、窓を開ける。寒くてまだ薄暗い。
 家を出て膳所の駅へ歩く。途中

 京阪電車を見てから膳所の駅。上りホームの東京側に立つと間もなく下り外側、列車線の接近表示。

 2065列車がやって来る。EF210-321号機牽引。
 再び接近表示。そして3番線も接近。

 705Mがやって来る。221系B14編成。
 705M逃げきれと願いを込めたが短い6両が抜けきらないうちに

 69列車に追いつかれる。タイミングがどうしようもなかった。
 上り列車が来る。東に向かい、バスに乗り換え会社に7時。月末の事務仕事から取り掛かる。午前中に長居会議を仕切り、力尽きる。午後はほぼ惰性走行。夕方帰宅。
 道はそこまで混んでいないがバスが妙に遅れて乗換がギリギリ。何とか何とか新快速には間に合う。石山まで来ると

 後続の貨物列車、8057列車はEF210-114号機でやって来た。
 もう一駅、膳所まで普通列車で向かう。この時間の石山、上り待避線に貨物列車が入って来る。EF210-13号機が先頭に立っていたが、何列車が遅れていたのだろうか。
 膳所で妻と待ち合わせ。金曜日なので夕食は外で。今日はいくつか選択肢がある中から膳所に唯一残った大型商業施設まで行き、レストラン街とは呼べなくなったフロアに行く。20時ラストオーダーなのでギリギリの時間。こういう時は歓迎されるのか、内心嫌だと思われているのか、どうも良く分からない。

 サッポロ生ビール黒ラベルの中瓶をゆっくり頂く間に

 チキン南蛮風が間に合う。普通の夕食になった感あり。
 スーパーに寄って10月から値上がるであろう酒類を買う。どう考えても先高感しかない輸入ウィスキーを少し多めに。帰宅は21時。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,426

2022-09-29

目覚ましの音で起きだす。窓を開けるとまだ外は真っ暗。身支度を進める間に薄ぼんやりと明るくなる。
 出勤。膳所の駅まで歩く。歩く間にさすがに少し明るくなる。が、雲のかかった空は重たい。
 駅構内、上りホーム、東京側の端に立つ。間もなく

 2065列車がやって来る。EF210-123号機牽引。

 705Mは221系B3編成。

 そして69列車。EF210-323号機牽引。
 上り列車がやって来る。今日はボックス席に座れる。電車とバスを乗り継ぎ会社に7時。仕事に取り掛かる。
 月末の事務仕事の他に飛び込みの打ち合わせ。資料作りで夕方まで。帰宅する頃には暗くなっている。日に日に暗くなるのが早くなる印象を持つ。
 バスで駅に出ると新快速。今日は妙に空いていた。まぁ途中から混んできたけど。石山まで戻り

 後続の貨物列車、8057列車はEF210-2号機牽引。
 今日はもう1駅。膳所まで進む。上り列車が遅れていて膳所に上下列車が同時到着。膳所と思えないほど改札が混雑。

 京阪電車を見た後、スーパーに寄り道。10月から値上げするビール類を買い足しておく。新しいうちに飲むべきものだとは思うが、そろそろ三桁本数に行きそうな勢い。さすがに買い込みすぎたかも知れない。
 帰宅は少々遅れて、妻の方が先に帰っていて、炊事はやって貰える。浮いた時間を引き続き京王線恥辱の回復運転に宛がう。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,701

2022-09-28

 目覚ましの音で気が付く。眠いが起きだすと身支度を進める。まぁまぁ順調に進んだ。外が明るくなりかけた時間、家を出る。
 雨は上がったが曇り空。昨日よりも暗い膳所の街。

 京阪電車を見てから東海道線膳所駅まで。上りホーム端に立つと間もなく

 2065列車がやって来る。EF210-141号機牽引。

 705Mがやって来る。221系B5編成。

 69列車がやって来る。EF210-157号機牽引。
 まずは順調。上り列車がやって来る。今日も座り辛く、補助席へ。東に向かう。
 バスへと乗り継ぎ会社に7時。仕事にかかる。月末の事務仕事と資料作成を進める。会議を挟みつつ夕方まで。今日は定時過ぎに切り上げる。
 定時過ぎでもバスに乗る間に暗くなる。道が渋滞気味。新快速には間に合わず、普通列車で東に。今日は改まった買い物があり、草津で降りる。百貨店に行こうとすると、そうなってしまう。膳所に大津西武が在った頃はやはり便利だった。

 草津停車の特急ひだ36号を見てから駅前の百貨店へ。19時半閉店の前で案外と空いている。手土産になるものを買い求め、駅に戻ると1本後の普通列車に間に合う。草津滞在15分であった。石山まで進み、歩いて帰宅。自宅に戻ると普段よりもちょっとだけ早いタイミング。
 妻が既に帰宅していて、夕食はやって貰える。浮いた時間で京王線恥辱の巻き返し。今週末には一度定時に戻したいけど、さて。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,576

2022-09-27

 ベットの中で気が付く。まだ4時半。どうしようかと思ったが起きだす。身支度を進める。少々早めに出来上がった。まぁ良いかと自宅を出たのが5時半過ぎ。外は明るくなりかけたところ。

 膳所の駅へと歩く途中にようやく空が赤くなって

 京阪電車がやって来た。10月も中ごろになれば、この時間はまだ暗いのだろうか。
 膳所の駅まで。上りホーム端に立つ。下りだけでなく上りにも通過表示が出ている。間もなく

 2065列車が定刻通過。EF210-167号機牽引。

 上り線は8862列車だった。EF210-8号機牽引。後に続くのは

 横浜ネイビーブルーの相鉄電車。21105Fが遥か厚木を目指してゆく。

 膳所駅のちょっと東で705Mの221系と一期一会になる。

 その705Mは221系B11編成。

 ついで69列車。EF210-146号機牽引。
 上り列車が来る。今日はボックスに座るが、補助席も結構埋まっている。ほんの数人増えただけかも知れないが、この数か月で、膳所6時の上り列車。座り辛くなった。
 バスに乗り継ぎ会社に7時。仕事に取り掛かる。会議とその合間に資料作り。ちょっとしたトラブル対応やら何やらで夕方まで。
 帰宅時間。結構な雨が降っている。そのせいかバスは遅れ気味。何とか新快速に間に合う。
 石山まで来ると雨は上がっていた。

 8057列車はEF210-7号機牽引。雨上がり、少々肌寒い石山の街から膳所の旧市街を歩く。自宅には20時を少々廻っての帰宅。
 今日も妻が先に帰っていて、炊事はやって貰える。浮いた時間を京王線恥辱の滞貨解消に宛がう。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,213

2022-09-26

 目が覚める。まだ外は暗い。時刻は、、、4:30だった。もう少し寝る、訳にも行かず起きだす。
 身支度を進める。少し早めに出来上がる。ちょっと早いと思ったが家を出る。膳所の駅へと向かう途中

 京阪電車がやって来る。下りの始発電車。そろそろこの時間でも暗くなってきている。まだ秋が到来するところだが、その先に待っている冬を思わせる。
 今日は月曜日。貨物列車は運休多数の筈だが、大雨の影響がまだ残っているかも知れない。何か来るような気がして東海道線上り、東京側のホーム端に立つ。
 3番線にやって来る705Mの案内と共に4番線にも列車。同時だ。

 EF210-13号機はどうやら1061列車であるらしい。
 結局やって来たのはこの1本。上り列車が来て出勤。補助席に座って東に。バスに乗り換えると会社に7時過ぎ。仕事に取り掛かる。週明けの事務仕事と引き取った仕事の資料作りを進めて夕方まで。更に1つ引き取ってしまい、仕事が増える。夕方まで。
 帰宅。今までは明るい時間帯だったけど、すっかり暗くなっている。バスに揺られて駅に出る。新快速に乗り換え石山まで。

 後続の貨物列車は定刻に来ている。8057列車はEF210-6号機牽引。
 石山から歩いて自宅まで。20時過ぎに帰宅。今日は妻の方が先に家にいて食事も支度してくれた。浮いた時間で少々京王線恥辱を進めておく。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,852

2022-09-25

 目覚める。外は少し明るいようだ。時計を見なくても5時半ぐらいだろうなぁと思えて来る。もう少し寝てから起きだす。少々京王線恥辱を進める間に7時になる。
 食事の前に妻と多少歩いておく。朝の涼しいうちに歩数を稼いだ方が良い。定番の琵琶湖岸に出る。

 一昨日の天気が嘘みたいに良く晴れた。穏やかだが、歩いてきた帰宅すると台風に襲われた静岡の大変な様子が伝えられている。
 朝食と洗濯少々。京王線恥辱を進めつつ午前中を過ごす。まだ歩き足りないのでちょっと外に出る。


 京阪電車を見つつ膳所の駅まで。昨日、膳所で停滞していた貨物列車は姿を消しているが、今日もダイヤは大きく乱れている様子。来る筈の列車は姿を見せない。仕方ないので10月から値上がるビール類だけ買い出して帰宅する。
 午後は京王線恥辱を進めるのと、明日以降に頂く弁当のおかずを仕込む。夕方、何となく飲み始めたら案の定、京王線恥辱は停滞。この三連休で取り戻すつもりだったのが、未完となる。

【サイトアップ アクセスカウンタ】

 サイトアップはお休み
 アクセスカウンタは機能せず
 万歩計は20,430