2019-06-16

 胃が痛くて目が覚めた。昨日はどうやら食べ過ぎたのか、飲み過ぎたらしい。持ち歩いている胃薬を飲んでもう少し寝るが、結局、5時過ぎに目が覚める。旅先は福島市のホテルで迎えるこれからの朝。

 雨音が部屋の中まで容赦なくやって来る福島の朝。「梅雨の嵐」なんて聞いた事がない言葉が数日前のネットニュースにあったけど、その梅雨の嵐を迎えた東北の朝である。
 目が覚めたので適当に京王線恥辱の続きを書きながら時間が過ぎるのを待つ。6時半になって朝食を食べに行こうかと思い部屋を出る。


 福島の郷土料理なんてコーナーがあったりして、なかなか楽しいバイキング。適当に選んで朝食を済ませ、コーヒーを頂くと7時過ぎ。一旦部屋に戻る。

 何時の間にか外の雨は上がっている。回復傾向なのだろうか。それならありがたいけど。
 今日は8時の電車に乗る事にしている。それに合わせてホテルをチェックアウト。駅に向かう。雨が止んでいる、と思いきや降って来た。やっぱり先行きが思いやられる。駅まで傘を差して向かう。
 今日はJRの福島駅では無くて、

 こちらの福島駅から出発となる。何か時代掛かった駅頭。久しぶりに切符を買い求める。辺りに居たグループが駅員に「米沢に行くには」「奥羽本線」なんてやり取りが聞こえる。その訛りに何となく心が癒えるのは関西弁が心に突き刺さるからだろうか。

 駅構内へ。JR線の構内からは「大雨の影響で運転見合わせ」なんて案内が聞こえてくる。どうやら福島から白石に掛けて、降雨量の影響で通れないらしい。次の仙台行きは福島で運転見合わせだそうだ。
 一方でこちらのホームは平常通り。

 福島交通の電車がやって来る。ここの路線は元東急7000系が活躍していたけど、何時の間にか代替わり。この顔は知らないが、サイドビューから元東急1000系と知れる。

 温泉地の飯坂温泉まで足を延ばす列車にはこんな遊び心が添えられている。昨晩は飯坂に停まっても良かったのか、と今更思う。
 飯坂線電車の出発を見送ったのち、阿武隈急行の列車を迎える。

 同じく2両の電車がやって来る。今度は鋼製。1988年製なので先程の元東急1000系と同年代か。

 案外とたくさんの人が降りてくる。この電車が折り返し8:00の槻木ゆきになる。JR東北本線宮城県境で運転見合わせだが、阿武隈急行宮城県の槻木まで平常運行中。
 見た目は新しい雰囲気の車両だが、


 車内は直角背もたれのボックスシートが並んでいる。もはや懐かしの雰囲気。
 お休みの日、朝の郊外行き。空いている条件がそろっている電車だが、ボックスがさらりと埋まる。案外と乗るなぁという印象と共に列車は動く。
 阿武隈急行線、久しぶりに乗車となる。前は何時だっただろうと思ったが、具体的な日取りは思い出せなかった。乗っているには違いないのだけど。電車は東北本線の線路を走ったのちに分かれる。元々が東北本線のバイパス線として計画されただけに線路は立派でよくスピードが出る。明治時代に作られた本線よりも雨に強いのは分かる気がする。

 途中、福島行きの電車とすれ違ったが、結構な乗りだった。阿武隈川沿いのこの辺りは開けた盆地で、住んでいる人も多そうだ。何度も比較になるが、福島から山際を攻める東北本線よりも、沿線の人は多そうである。

 社名の由来でもある阿武隈川を渡り、列車は福島県を北上してゆく。福島からのお客さんは降りる一方だが、乗って来る人もいて、2両編成の先頭車は案外と空かない。

 福島県最後の主要駅、梁川は阿武隈急行の運転拠点。新車の姿も見える。全線開業以来使ってきた8100系も代替の時期が来ているそうだ。
 梁川で乗務員が交代。今までは車掌もいる二人体制が運転士のみのワンマン運転になる。この先のお客さんは少ないよ、と言いたげな扱い。列車は福島と宮城の県境へ。

 阿武隈川の流れも狭く急になる。
 お客さんは案外と乗ったまま宮城県へと抜けてゆく。これは仙台の引力、なんですかねぇ、と感心していると平地が広がって宮城県側の丸森に着く。国鉄時代、丸森線だった頃の終着駅である。結構な数のお客さんが乗って来る。
 宮城県側はまたお客さんが増えてゆく構図。車掌がいても良かったんじゃない?と思える程。

 途中すれ違った電車は丸森ゆきだった。それなりにそれなりに使われている感のある阿武隈急行宮城県側。
 東北本線はダイヤ乱れらしいが、阿武隈急行は定時に走って槻木到着。切符は運転士に渡すと

 代わりに精算済証を貰える。
 精算済証は槻木駅の改札で渡し、改めてSuicaで入場。次の目的地に向かう。この時間の槻木駅、電車を待つ人が目立つ。9:00の仙台行きがまだ来ていないようだ。この電車、福島から来る電車。雨の影響で遅れているのだった。その前に白石始発の電車が定刻に来るようだ。

 遅れている福島方面ゆきの電車を見送ると定刻の白石発がやって来る。

 槻木では座れる程度の乗り具合だったが、一駅毎に混んでくる。仙台空港線合流の名取で少々渋滞し遅れ出す。ダイヤが乱れがちなのかも知れない。立客も目立つようになった。
 速度が緩んで東北の雄都、仙台へ到着する。向かいにはディーゼルエンジンの音も高らかに現代的な気動車列車が??やって来た。

 次に乗るのはこの列車。HYBRIDの文字が目立つ気動車は仙石東北ラインの石巻行き。
 湘南新宿ラインとか、上野東京ラインとか、最近目立つようになった複合名称+ラインの路線名。名が示す通り、仙石線東北線の直通列車なのだが、仙石線東北線を接続するための新しいレールを引いての開業であり、本来はもっと早く乗りに来るべき路線であった。この接続線、扱いとしては東北本線の枝線で距離は0.3㎞、らしい。

 ひとまず乗り込む。車内、席がさらっと埋まる程度の乗車。東北線塩釜までは各駅停車、その次が仙石線高城町と案内があり誤乗防止の注意喚起が告げられる。
 遅れた電車を待ちあわせたからか、定刻に少し遅れて出発。ディーゼルエンジン音が響き渡るのに、感触は電車の動き出し。何か違和感がある。
 塩釜まではあくまで東北線の列車。途中で降りる人もちらほらあって、必ずしも石巻へのお客さんばかりとは限らない様子。一緒のボックスの人もどこか途中で降りて行った。
 塩釜で改めて次は仙石線高城町と案内。列車は走り出す。ここから松島までの区間は距離も長く、東北線の列車は右手に日本三景の松島を眺める風光明媚な区間。海岸線までが近い所でもあり、仙石線が寄ってきて東北線と並んで走る。その途中で速度が緩む。

 東北線から分岐。ここが新線区間だ。
 間もなく仙石線の合流。すぐ先が高城町。速度が緩んだまま、

 到着となる。向かいには仙石線205系電車が停まっている。
 この先、石巻まで足を延ばすかどうしようか迷っていたが、結局、高城町から引き返す事にした。目の前の205系に乗って、さて、どこで降りようか。仙台近郊区間内なので一筆書きなら最短区間の運賃が適用になるが、仙台まで乗り通すと一筆書きが崩れて、ルール違反になる。

 東京でも見かけなくなった、関西にはもともと殆どいない205系の懐かしさを覚える座席に落ち着く。列車は逆方向に走り出す。日本三景を背に色々と調べると塩釜に気になる店を見つける。結局

 本塩釜で列車を降りる。目的の店は開店が11時半。30分程間がある。その間、少し港を歩いてみる。

駅から程なく、塩釜の港に着く。小学校の修学旅行が仙台松島で、塩釜から松島まで遊覧船に乗ったはずだが、あたりの景色は全く覚えていない。まぁ2011年の東日本大震災でだいぶ痛めつけられている筈なので、仕方ないかもしれない。
 これが松島の景色は何となく記憶にあるような気がするのだが、こちらは東北本線の車窓からも見ている。記憶が補間されているかも知れない。
 目的の店の開店時間が近づいたのでそちらに向かう。


 ほやラーメン、ほや唐揚げ。妙に攻めたメニューが目立つこちらの店。その名もほやほや屋
 震災以来禁輸処置によりだぶついているほやの消費拡大に取り組むお店だそうだ。牡蠣が苦手に人でもカキフライは食べるよね、と言われるとほやの唐揚げも何か説得力を増す。
 幟にあったほや塩ラーメンと唐揚げ。セットでホヤ飯。そうはいっても刺しも食べたい。メニューには無いが恐る恐る聞いてみると出来るそうだ。

 勢いでビールも注文。ハートランドを取り扱っていた。
 先にほや刺しが来る。

 醤油と塩も添えられたが、何もつけなくて良い。それだけで美味しい。最後に塩を試してみたが、それはそれで有りだった。

 ついで唐揚げ。これもアリだけど、個人的にはレアな方がいい。苦手な人向きでは無くなるけど。


 塩ラーメンはあり。ごはんは全く違和感無し。普通に美味しい。案外と温めてもいけるものなのね。
 結構な品数を頼んでお会計が気になったが、2300円であった。ラーメン800円。ご飯200円。唐揚げ400円。ビールは確か500円だったか。って事は刺身は400円って事か。安い。店ごと大津に持ち帰りたい。
 だいぶ頼んだが滞在30分程。

 12:07の仙石線には乗れる。今度は仙台方面。終点のあおば通まで。次いで乗るのは仙台地下鉄の東西線。こちらも2015年に開業以来、乗らずに放置していた路線。3月におおさか東線に乗って以来、乗らずに放置している路線が気になりだして、こんな事になっている。
 あおば通の駅から地下鉄の乗換改札はすぐ。ただ1987年開業の南北線よりも2015年開業の東西線は地下深くを通っている。結構な距離を歩く。

 東西線八木山動物公園ゆきに乗る。先日の横浜地下鉄グリーンライン同様に小さな車体のリニア地下鉄。狭い車内はそこそこ埋まっているが、一駅でたくさん降りて座れる。
 広瀬川を渡るところで地上に出る。6月の東北はまだまだ新緑。外がまぶしい。再び地下へ。この先は外が見えなくても分かる程に登り坂。駅名が青葉山に八木山。その名の通りの山岳地下鉄となる。

 また地上に出て地下鉄と思えない景色が広がると終着の八木山動物公園。東北人には八木山ベニーランドの方がお馴染みだろうか。小学校の時の修学旅行でもベニーランドは訪れた。
 地上に出てみたが、知っている所は全くない。雨もちらほら降っており、歩くのは見合わせ駅構内に戻る。

 再び地下鉄。残ったのは仙台駅から東の区間。荒井まで。東北大の学生らしいグループ客やらで賑やかになり仙台で一通り降りるとまた人が入れ替わる。海岸まで平野の続く東側は突然地上に出る、なんて事は無く淡々と進む。
 1路線13.9㎞でしかないから終着の洗いにはあっさりと到着。

 だいぶ海岸よりに来ている。この東側を通る仙台東道路が盾となり津波の浸水は免れた筈。
 相変わらずの雨で早々に引き返す。後になって駅の2階に震災の展示施設があった事を知る。見ておけばよかったけど、次の機会があれば。
 仙台駅に戻ると14時前だった。もう少し持ち時間があるけど、そろそろ空港に向かう。JRの構内に入ると

 空港行きの電車は概ね30分毎。もう少し頻度良く走っていると嬉しいけど、先日、1日5本だけのウラジオストク空港アクセス鉄道を見てきたばかりだと、30分毎ならまぁ、良いかと言う気になる。

2019-06-15

 無理矢理4時過ぎに起き出した。一人で迎える週末はちょっと出かける事にしている。まぁ、普通に実家なのですが。
 例によって伊丹からなのだが、何故か何故だか普段の106便では無く、1時間早い104便を予約していた。そうなると始発で出掛ける事になる。眠い眠いと思いつつ身支度。雨の中、出掛ける。

 12両編成の始発電車は空いていて、適当な席に座って西に向かう。1時間弱で新大阪。

 月末にあるG20の対応でゴミ箱が使用禁止になるそうだ。滋賀あたりにいると何の影響も感じないのだが、大阪はピリピリしている様子。
 雨だからかもしれないが、伊丹空港行きのリムジンバスは混んでいる。道は空いていて20分少々で空港まで運ばれた。

 降車場所が少し変わっている。国内線カウンタよりになっていて、ちょっと戸惑う。
 ほぼ1か月ご無沙汰していた伊丹空港。 

 今日の午前中は強風の影響で伊丹発着便。条件付き運行になっている。中には欠航便も出ているが、この時間の伊丹、結構な混雑。保安検査も並んでいる。幸い優先エリアには全く行列が無く、早々に制限エリアの中へ。
 出発まではラウンジで待ち合わせ。今のうちに朝食を済ませておく。

 スープが何時の間にか代替わりしている。羽田で見かける和風根菜スープだ。パンも変わっていた。オープンから2か月半だから月替わりには長く、四半期替わりとすると長い。どんなペースで変わるのだろう。
 7:05の始発便がプッシュバックされ始めると、7:30の104便もそろそろ搭乗のタイミング。前の玉座、18番搭乗口からの出発でちょっと歩く。少し早い目に席を立つ。

JL104 JA8984 B777-200 ITM→HND



 7:10前に搭乗口に着くと既に優先搭乗が終るところだった。後方座席の予約なのでそのまま一般に混じって機内へ進む。3-4-3列で並ぶB777-200の普通席。その後方2-4-2になる所の窓側席に落ち着く。

 成田へ向かう3004便の向こうには黒々とした雲が広がる。この時間、雨は降っていないようだが、日本列島は梅雨の嵐、だそうだ。そんな言葉は聞いた事がない。
 普通席が△となっているぐらいの乗り具合で後方席もしっかりと埋まる。7:27、Doorclose。航行中と降下中、着陸25分前から揺れが予想されるとのこと。
 7:31、Pushbuck。

 誘導路。飛行機の行列が北側へと向かっている。今日はRWy14の運用なのか。伊丹はだいぶ使う機会が増えたが、14からの離陸は1年ぶりぐらいのような気がする。次々とRWY14へと向かう飛行機が続く中、作業が進む。7:38、Taixing。
 先程来の状況通り、誘導路は渋滞中。そろそろ着陸機も来る頃で、空港の西側を廻ってRWy14へと進むJL101の姿が見える。RWy14R端にはERJ190がいて、なかなか飛び立たない。どうなるのだろうと見ていたら、2分ぐらいで飛び立って行き、その後に101便、B777-200が降りてきた。そんな調子だからなかなか先へ進まず。


 RWy14Lを横切ってようやく順番がやって来る。7:54、Takeoff RWy14L。地を離れるとすぐ揺れる。横風を受けるが如き揺れ方。揺れつつも揺れつつも高度を上げてゆく。

 豊中の街を眺めて飛行機はすぐに左へと旋回を始める。時折持ち上げられたり、下に持って行かれたり、大型機なのによく揺れる。この10年近く経験したことのないような大揺れをしていると

 視界を奪われる。
 それでも飛行状況は落ち着く、8:01、ベルト着用サイン消灯。飲み物のサービスは冷たいもに限らせて頂く旨のお断りがある。この揺れを見ると温かいものが欲しいとは思わない。

 鈴鹿山地のあたりはちらっと見えていたが、東に向かうにつれてベタっとした雲に覆われた上を飛ぶようになる。機内前方から飲み物のワゴンが廻り出す。今日は時間切れで順番が来ないだろうなぁと思っていたら、

 8:14、あと5分でベルト着用サインが点灯する旨の案内の後、飲み物の順番がやって来た。ちょっと驚く。
 8:22になってベルト着用サイン点灯。8:26には最終の着陸態勢に入る旨の案内がある。

 雲の中に切れ間があったが、高度を落とすと窓外全体が真っ白になり、飛行機は揺れる。現在地を見ると房総半島を横切る形。東京湾に出たけど、窓外の景色ではどこにいるのか分からないまま、高度だけを落としてゆく。

 地上が分かる頃には羽田はすぐそばになっていた。8:41、Landing、RWy16L。

 水飛沫を立てて思い切り逆噴射。速度を緩めると誘導路へ。8:47、Spot in SP17。
 香港へご出発のお客様は、と案内がある。乗継時間1時間少々。自分だったらもう1便早くフライトに乗りたい所だが。

 特に呼び出しのなかった国内線乗り継ぎは青森と伊丹、だそうだ。

 ここまでお世話になったJA8984を見てから制限エリアの外へと進む。
 今日はこの後、実家に向かうのだが、普段より1時間早い。少し写真でも撮っていこうかと思うが、生憎の天気で残念である。まずは空港脱出は京急で。

 品川行きはこの時間、エアポート急行だった。23T運用は5327編成。雨の影響でダイヤ乱れが起きているのか、元々の設定通りなのか、ノロノロダイヤで品川まで。山手線経由で何となく渋谷で降りる。

 久しぶりに井の頭線に乗ってみる。下北沢まで。折角なので少し撮ってみた。


 車内の雰囲気は記憶にあるそのままだけど、1000系の細かい形態、導入時期による形状やら制御機器違いやら、制御機器の更新やら、頭から抜けている事に気が付く。必要ない知識なんだけど、残念な気がする。

 一巡したので切り上げる。それにしても、急行灯っていいよね。
 下北沢の京王から小田急への乗換も改札が分かれてからは初めて。だいぶ距離が変わって馴染めなくなる。乗り換え客が減る奴だなぁと歩いてみると思う。小田急沿線から渋谷に行くにも、千代田線からの方が楽かも知れない。
 小田急に乗り換え、実家まで、1か月から少々間隔があいたが、療養中の父を見舞う。
 抗癌剤の副作用で入院して以来、薬を切り替えて調子が良くなったそうだ。調子が良いだけで癌が完治するわけのだが。医者からは長くて5年と言われたそうだ。5年生きれば82歳。客観的に見れば人並みの寿命ではあるが、身内の事と考えるとそう簡単には割り切れない。
 医者からは少量の酒は認められていて、昼から軽くビールで乾杯となる。いいのかなぁと思わなくはないのだが、本人は楽しみにしているのだし、長くて5年の人生が、それで豊かになるのなぁ、ありなのかぁとは思ってみる。
 また来月に来訪する旨伝えて15時前にお暇頂く。帰りに御土産でメロンを貰った。この先、持ち歩くのかぁと思ったが、断るのも難だし、持って行く。
 だいぶ雨が強く降っている。雨を避けて駅までバスにしたら、結局、待つ間に雨に濡れた。歩いても一緒だったか。

 小田急に揺られて新宿まで。乗換の間にヨドバシカメラに寄る。だいぶご無沙汰している。元々京王の高速バスターミナルだったところも使って拡張しているのは知識として知っていたが、訪れてみると様子がだいぶ違っていて戸惑った。
 手持ちのQマウントレンズ用のリアキャップとレンズキャップ。小さくて良く無くすので予備を含めて買っておきたかったのだが、ヨドバシカメラのフラッグシップ店舗なのに在庫が無かった。お取り寄せと言われたが、次、何時、来る事になるのかは分からない。お断りしてトボトボと退店。
 今日はこの先、まだ移動がある。湘南新宿に揺られて北へ。大宮までゆく。

 この先、自宅とは真逆に向かう。どうせ妻は明日まで不在なので、多少遠回りをしても問題ない。少々待ってやって来たのは

 東北新幹線。147BはU42編成。仙台どまりのやまびこ。E2系を想像していたら目の前にきたのはE5系。行きかう電車もE5系が殆どであった。知らない間に東北新幹線も代替わりが進んでいる。
 仙台どまりなら「やまびこ」じゃなくて「ひばり」だろうと東北新幹線開業前夜を知る身は思うのだが、「はやぶさ」が函館に行く時代だから仕方ないのか。前にも書いたかも知れない。
 今回の切符はえきねっとのトクだ値を使った割引切符。西に生活圏を動かして使いづらくなったJALカードSuicaだが、こんな時ぐらいは生かさなくては。車内は空いていて、電源を生かして京王線恥辱を進めておく。

 それと、ついついビアホール。
 宇都宮でだいぶお客さんが減り、仙台止まりのやまびこは閑古鳥が啼く。列車は北へ。窓外の雨が上がったが、低い所に雲が立ち込める。雨の旅行は参った、だが陰影に富む景色は悪くない。
 郡山でもお客さんが減り、車内だいぶ寂しくなる。大宮から1時間20分で福島。今日はこちらで降りる。列車から降りる人は案外少ない。

 列車は少なくなったお客さんを乗せて仙台へとラストスパート。

 暮れてきた福島駅。今日はこちらに宿泊。明日の事を考えると仙台泊なのだが、今日から1泊を仙台で探したら、高い宿しか残ってなく、福島宿泊に切り替えた次第。
 再び雨が降り始める中、ホテルまで歩いて部屋に入る。時刻はまだ19時前。まずは冷蔵庫にメロンを仕舞う。軽く飲んでから溜まっている京王線恥辱を進めようと‭適当に居酒屋探し。郷土料理主体でサッポロビールを出す店が見つかったので行ってみる。



 サーバの管理は良さげだし、料理もまぁまぁなんだけど、店員さんが常連と思しき人に構ってばかりでアウェー感がこの上なく高い。あまり居心地が良くないので早々に退店する。もう1店と思わなくはないないのだが、飲み過ぎるとこの後に差し支える。‭適当にビールを買ってホテルに戻る。
 呑みながら京王線恥辱の続き。まぁ予想される状況だが、あんまり進まず今日は終了。そろそろ遅れを取り戻したかったのだけど。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は15,373

2019-06-14

 一人で迎える金曜日の朝。何故か少し早めに目が覚める。身支度少々。普段通りの時間に家を出る。天気は良くないらしいが、迷って傘は置いて行く。

 逆光にならない程度の天気の中を膳所の駅まで歩いて東海道線。バスに乗り継ぐと道が混んでいる。少し遅れて会社まで。
 天気が悪い。梅雨入り宣言あったっけ?あったんじゃないなんて会話があったが、後で調べたら近畿地方の梅雨入りはまだだそうだ。何で。
 相変わらず調子が出ないが、来週の準備をしなくてならず、まとまった量の書類もまとめねばならず、と悩ましい状況。気分が乗らないので20時過ぎに切り上げる事にしたが、会社のパソコンを持ち出し、少し仕事を進める事にする。
 バスの中で来週締切の書類を少々。電車に乗り換えて、

 新快速の中でもビールを飲み、夕食代わりのサンドイッチを食べつつ、書類のコメント書き。多少進む。
 石山からは

 京阪電車に揺られる。歩いても良いのだけど帰宅してから色々と立て込んでいたので、時間を優先。
 家に着くと21時半。夕食は先程のサンドイッチで完了として、明日の準備、洗濯。早い目に寝たかったが、少し押す。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は7,019

2019-06-13

 5時半過ぎに起床。何時ものバタバタで身支度をして出勤。今日は良く晴れている。膳所まで歩いて東海道線
 昨日早めに帰ってリフレッシュ、のつもりが、あんまり変わっていなかった。仕事は進めているつもりなのだが、全体量が多くて萎える。
 最後までやるべき状況だが、気力が持たなかったので20時過ぎに切り上げる。バスで駅まで戻って東海道線に乗ろうとすると新快速はAシート付。

 誰もいないので乗ってしまう。行先は大津にした。今日から定期券を切り替えた際に、膳所から一駅、伸ばしたのである。運賃が変わらなかったので。
 途中、草津辺りからお客さんが少し増える。高槻まで、なんて声が聞こえる。18きっぷの期間を抜けると普段の景色はこんなものか。
 上り電車がどうやら遅れていて、石山で迷ったが、結局大津まで行ってしまった。定刻ならすぐに膳所に戻る電車があるのだが、

 新快速の後が特急。普通は20分遅れで21:42ごろ到着予定なんて仰る。これなら膳所まで歩いた方が早い。
 途中で京阪電車に乗っても良いと思ったのだが、この時間は20分毎。結局、自宅まで約30分を歩き切る。早く帰ったのだが、着いてみると22時だ。
 今晩から週末まで妻が不在。夕食は食べて帰るか自分で作るか、なのだが、食べずにこの時間に帰ってしまった。冷蔵庫を見て適当粕汁。ありあわせなので粕汁なのにソーセージ入り。適当に済ませて早々に寝ておく。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は11,592

2019-06-12

 眠さ引きずる水曜日の朝。無理に起きて身支度少々。雨っぽいようで少し迷って傘を持って出勤する。
 膳所まで出て東海道線。バスに乗り継ぐ頃には雨がパラパラ。梅雨入りを思わせる天気。時折結構な降りになる。
 仕事をやらねば仕事の悩みは解決しないのだが、前向きな感じが出てこないまま夕方になる。今日は早めに切り上げようと決めて20時前に帰宅。
 駅に出ると電車は新快速。雨っぽい中を石山から歩く気になれず、後から来る普通列車を待って膳所まで行く。着いてみると、まぁ歩けない感じではないので歩いて帰宅。
 普段よりだいぶ早く家にたどり着く。遅れている京王線恥辱を1日分だけ前に進めておいた、ってこれで収支均衡か。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は8,334

2019-06-11

 最初のめざましで何とか起き出す。弁当に朝食と身支度でいつもの時間に家を出る。

 坂本方面の電車が逆光にならない程度の天気。膳所まで歩いて東海道線。先月に比べれば空いている電車とバスを乗り継ぎ会社に出る。
 会議の対応やら自分が持っている仕事やらの対応を進めると地味に遅くなる。21時に強制終了。帰宅する。
 駅に出て新快速。今日もビールは見合わせておく。石山からはキリキリ歩き。京阪電車に先んじて踏切を越えて自宅に気持ち早めに到着。早いと言っても遅いけど。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は9,638

2019-06-10

 少し遅れて起き出す。前日、気持ち夜が遅かった。バタバタと準備をして朝食。押し気味に出勤。
 歩いて膳所東海道線で東へ。気持ち遅れたようだが、バスの接続は全く問題なし。会社に8時前の到着。
 週末二日間を休むと月曜日の仕事が窮屈になる。細かいやる事が多くて参りつつも残業で何とか帳尻合わせを試みる。旨く行ったか不明だが、21時前で仕事は切り上げ。帰宅。
 バスで東海道線に乗り継ぐと新快速になる。ビールを飲みたい気分もあるが、我慢して石山まで。待ち時間が長いので歩いて帰宅。

 京阪電車とすれ違って自宅に22時半。
【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は7,823