京阪大津線615-616編成

2024-05-18

遠くで目覚ましが鳴り出し、妻が起き出す。時刻は5時ぐらいの筈。自分ほアもう少し緩々寝ていたが、間もなく起きる。週末の朝、土曜日を迎えている。 今日は妻が日帰りで実家へ向かう。義父の誕生日に合わせて様子を見にゆくそうだ。自分は留守番だが。6時過…

2024-05-06

目覚めると7時半近かった。いつになく寝過ごす。連休最後の休日を自宅で迎えている。 起き出すと緩々洗濯。旅行に行っていた5日分の洗濯物が溜まっており、結構な作業になる。 合わせて朝食。落ち着くと9時を大きく廻る。 昨日は少々歩数が足りず、補填も兼…

2024-04-29

朝の気配に意識が戻る。時計を見ると5時半過ぎ。まだ寝ていても構わない3連休の最終日。何となく寝付けず、結局、そのまま。 昨日の飛行機雲が物語っていた通り、今朝は曇り空が広がっている。午後からは天気が崩れるらしい。雨が降る前に歩いておこうと思う…

2024-04-27

目覚ましは掛けていないが目が覚める。時計を見るとまだ5時前。いくら何でも早すぎる。今日は週末土曜日、というか三連休の初日というか。 二度寝しても良かったのだが、結局眠れないので起きてしまう。昨日綴った京王線恥辱 追加しておく間に7時近くになる…

2024-04-21

週末の日曜日。目が覚めると6時過ぎであった。緩々と起き出す。朝食の支度と洗濯。 この後は雨になるらしいが、ひとまず外に洗濯物を干す。全てを終わらせると深夜ラジオと京王線恥辱なのだが、今日は昼酒のお誘いを受けている。そんな訳でお弁当の支度を少…

2024-04-19

目覚ましの時間をずらしたが、気が付くと何時もの時間に目が覚めた。今日は休暇なんだけどなぁ。何故だ。 適当な時間に動き出し、出勤する妻を送り出す。時間に余裕があるので京王線恥辱の過去記事、編集。 {} ついつい写真も追加してしまう。7時を過ぎて朝…

2024-04-14

日曜日の朝。喉が渇いて目が覚める。ベットには一人。今週末は妻が旅行に出かけている。二度寝する間に時間が過ぎる。観念して起き出す。 天気が良いので洗濯をしてから朝食の支度をして頂く。出来上がった洗濯物を干すと8時を過ぎる。天気は良く、そして温…

2024-04-02

目覚ましの音が鳴る。昨日の動きが悪かった反省が頭に浮かび上がる。その勢いで起きだした。 身支度少々。出掛ける前、ちょっと窓を開ける。外は少し肌寒い。上に一枚コートを着て出掛ける。帰りは暑いだろうが、仕方ない。 膳所の駅まで歩く。駅前で京阪を…

2024-03-30

薄暗いうちに目が覚めた。3月最後の週末。ずっと寒い日が続いていたが、今朝は温かい。何となく緩々と過ごす。7時を過ぎて起床。食事を頂いた後、昨日の京王線恥辱を進めておく。 すっかり春の日が部屋の中には入って来る。折角なので妻共々ちょっと歩く。気…

2024-03-01

早朝の目覚ましが鳴る。起きて身支度。順調に進んだかと思ったが、少し遅れて出勤する。外に出ると路面は濡れているが雨はやんでいる。膳所の駅まで歩くと、間に合わないだろうと思っていた京阪電車には間に合う。 白い顔が来て何?と思ったら大河ドラマのラ…

2024-02-24

目覚めると8時。昨日に引き続き遅くまで良く寝た。少々眠りすぎの感もある。 今朝は晴れている。洗濯をして朝食を済ませ、洗濯物を干すと9時半近くになっている。まぁまぁ時間が経っている。遅れている京王線恥辱、2月17日分を進める。お昼ご飯の後、歩きも…

2024-02-23

朝の気配で目が覚める。外は明るいようだ。隣の妻は気持ちよさそうに寝ている。ならばと目をつぶるとまた眠れる。結局気が付くと8時近い時間。さすがに起きだす。 今日は金曜日、燃えるゴミの日だ。忘れないように出そうと8時半過ぎ、ひとまずゴミ捨てを優先…

2024-02-18

目が覚める。時刻は7時前だった。緩々と起きだす。妻が旅行中で一人で迎えるに日曜日の朝。 洗濯をして、朝食は適当に仕立てる。落ち着くと8時過ぎ。何時もながらだが、radikoを聞きつつの京王線恥辱、となる。 少々の巻き返しに成功し、2週間遅れまで縮めた…

2024-01-28

目覚めると7時を大きく過ぎている。週末、日曜日の朝。すっかり寝坊した。ゆっくり起きだし、ゆっくりと朝食。8時を過ぎて、京王線恥辱を進めつつ、Radokoのタイムフリーで深夜放送を聞く。お昼前になって、少々動くことを志す。今日は5087列車が定刻に動い…

2024-01-27

目覚めるとカーテン越しに朝の気配が漂ってくる。土曜日の朝、7時過ぎになっている。今週末は久しぶりに何もない。ゆっくりと起きだして、洗濯と朝食。 9時過ぎから京王線恥辱の滞貨を進めつつ、ラジオをタイムフリーで聞く。どちらの滞貨も片付かないが、午…

2024-01-14

目覚めると7時を回っていた。日曜日の朝を迎えている。緩々起きだす。洗濯の後、朝食。昨日買って来たご当地パン2種、 が食卓を飾る。妻が思いつきでイギリストーストをトーストしたものをベタ褒めする。一口貰ったが確かに旨い。 洗濯物を干した後はRadiko…

2024-01-02

目覚めると外は明るくなっていた。既に時刻は7時近く。新宿に朝が来ている。正月2日の朝。両方の実家を訪ねる年末年始の東京滞在も今日までとなる。昨年は2日に開催された高校の同窓会に転戦したが、今年はこのまま膳所に帰る。 テレビを点ける。能登半島の…

2023-11-02

早朝の目覚ましが鳴り出す。動こうとして一瞬二度寝しそうになる。そんな調子だったから動きは緩々。少々遅れての出勤となる。 星が瞬く膳所の街を駅まで。東海道線上り、東京側ホーム端に立つと間もなく、 2065列車がやって来る。EF210-338号機牽引。ついで…

2023-10-14

目覚ましの設定を切って迎える週末の朝。気が付くと5時過ぎ。普段とあまり変わらない。もう少し寝ようかと思ったが、結局寝付けないまま起き出す。 6時を過ぎて少し歩いておく。膳所城址公園まで行く。 空は晴れとも曇りともつかない微妙な空。今日は遅くな…

2023-09-29

枕元でアラームの音。目覚めて動き出す。身支度緩々。何とか何とか出勤する。少々肌寒い朝、膳所の駅へと向かう。その途中 京阪電車の下り始発電車を見て膳所駅構内。東海道線の上りホームに立つ。間もなく下り外側、列車線接近表示点滅。 2065列車が来る。E…

2023-09-26

何時もの時間に目覚ましが鳴る。外はまだ暗い。普段と同じ時間だが今日は出張。関東方面に出掛ける。だいぶ涼しくなったとはいえ、まだクールビズ期間なのでネクタイ不要、上着もいらない。身支度少々、普段と同じ電車を目指して家を出る。ちょっと遅れたけ…

2023-09-11

目が覚めて時計を見ると4:15。さすがに早過ぎる。もうひと眠りすると目覚ましが鳴る時間だった。何とか起き出す。身支度を進める。今日は割と順調。5時半過ぎには家を出る。 この時間の膳所は曇り空。涼しい空気の中を駅へと向かう。途中、 下りの始発電車を…

2023-09-04

朝の目覚ましで起き出す。起きて少々、JR西のアプリからプッシュ。 シンプルに運転見合わせ。月曜の朝からこれかぁ。 【琵琶湖線】 お客様と接触 運転見合わせ<第一報 04時05分>04時40分更新 4時05分頃、琵琶湖線:瀬田駅~石山駅間で列車がお客様と接…

2023-08-27

充足感で目が覚める。外は明るくなっている。時刻は、、、、6時ちょっと前。良く寝た。週末、日曜日の朝を迎えている。 緩々起きだし、少し歩く。今日も妻と一緒に。昨日は少々歩かせ過ぎたので今日は軽めに。ひとまず湖岸に出る。 6時半の琵琶湖岸。雲一つ…

2023-08-22

早朝の目覚まし。辛うじて起き出す。火曜日の身支度は割と順調に進むことが多い。昨日よりはだいぶ早く自宅を出る事になる。 ゴミ出しだけして膳所の駅へ。東海道線上りホーム端に立つ。間もなく接近表示点滅。 2065列車がやって来る。EF210-313号機牽引。 …

2023-08-21

早朝の目覚ましが鳴る。外はまだ薄暗い様子。8月も下旬に差し掛かる午前5時前。日がだいぶ短くなった感がある。 長かろうが短かろうが起きるべき時間は一緒だが、動きは鈍くなる。出勤は少々遅れ気味。明るくなった膳所の街を駅まで向かう。途中、京阪電車と…

2023-07-26

熱帯夜らしいのだが、冷房27℃のおかげでまぁまぁ眠れる。目覚ましの音で起きだしてリビングに出るとこちらは30℃。窓を開けても風は吹いていない。 身支度少々。少し遅れて出勤する。膳所の駅まで出ると2065列車の通過が見えて、それから京阪電車がやって来る…

2023-07-08

週末を迎える。この週末から5年に一度貰えるリフレッシュ休暇を取っていて10連休になる。梅雨となるこの時期の10連休はどうかと思うが、失効が迫っていて、この時期にせざるを得なかった。毎回、早め早めに計画を立て、しっかり遠くに行くのだが、今回は計画…

2023-06-22

早朝の目覚ましが鳴る。外は雨。身支度をして出勤。相変わらずの雨降りで傘を差して出掛ける。惰性で半袖だが、少々肌寒い。 膳所駅前よりも手前で京阪電車を見てから東海道線の膳所駅構内へ。少し雨が強くなる中、上り電車がやって来る。 雨の中、東へ。バ…

2023-06-10

6時過ぎに目が覚める。週末、土曜日の朝を迎えている。しばらくうだんうだんとしたが、結局起きだす。朝食前に少し歩く事にした。妻も一緒に歩くというので二人で出掛ける。 琵琶湖岸に出る。 琵琶湖の向こう、叡山の山腹だけが雲に隠れている。叡山の山の上…