朝、気持ち遅い目まで寝てやった。今日は出張。名古屋方面に行く。13時待ち合わせで打合せ。一旦会社に行く事が出来そうな時間帯に見えるが。電車で行こうとすると案外と掛かる。そもそも、都合よくバスが走っていない。
 そんな訳で間延びするが直行直帰。朝ユリ食事を頂いた後、8時半に家を出る。在来線を乗り継ぎで東へ。
 18きっぷのシーズンオフとなった東海道線。座れることは座れるが、米原で乗り継いで東に向かう人は多い。1982年に廃止された急行比叡が姿を変えて走っていれば、きっと人気が出ただろうに、そんな気になる2018年の光景。

 名古屋に10時半。待ち合わせには少々早いペース。支社に寄ろうかとも思ったが、やめておく。そのまま客先に直行。
 打合せは1件。1時間の約束。終わった後、担当者に呼び止められて、さらに1時間。解放されたのは15時半過ぎ。今日はそのまま直帰になる。実働2時間。まぁそんな時もある。
 来た道をなぞり返して名古屋方面へ。

 途中、気が変わって名鉄特急、指定席を奢って岐阜まで乗り通すと17時半前。JRの岐阜まで歩くとちょうどこんな列車がやって来た。

 大阪まで足を伸ばす特急ひだ。1日1本の貴重品にちょうど当たる。そのつもりは無かったが乗る事にした。米原に停まったとは草津、京都となかなか高飛車な停まらなさっぷりなので、乗車は米原まで。自由席特急券は750円。
 先頭車が自由席。D席側には先客がいたのでA席側に座る。逆光なので見えづらいが前面展望で行く東海道線は新鮮だ。しかも

 この列車は新垂井経由。普段、普通列車でしか関ヶ原を越えないので、事実上の特急専用路線である新垂井経由のルートは15年ぶりぐらいに通る事になる。不覚にも萌えた。

 徐々に暮れゆくパノラマにスマホも本も忘れた40分は早かった。米原到着。後ろ髪惹かれる思いで下車。この先は

 すっかり普段着になったらしい西の電車で自宅に戻る。19時半に帰宅。
 普段より早く帰ったので台所に手を掛ける。先日買ってしまった鯖を味噌煮にしてみた。砂肝はしっかり切れ目を入れて刻み大蒜と共に塩胡椒して炒める。