昨日のつづき

 6時半過ぎ。どちらかの目覚ましで起き出した。日曜日。朝の札幌駅上空。外を見てみると雪が積もっていた。夜の間に降ったらしい。しばらく外の景色と下を行く列車を眺めてみる。手前のホームに発着する列車は音はすれど姿は見えないが、北側のホームに出入りする列車はよく見える。

 711系が出て行くのが見える。スーパーおおぞらだろうか。増結車を連ねて出発して行く。
 今日は朝食が付いているプランなので食事に行く。チェックインの時、案内してくれた係員にお勧めを聞いたら、和洋バイキングの店が一番人気だそうだ。8時半過ぎは込み合うと聞いたからちょっと早めに朝食会場へ向かった。

 南側の景色。テレビ塔が見えたりしてまぁこちらの方が眺めがよい。ただし今朝は吹雪に街が霞んでいる。
 レストランに案内される。早く出てきたつもりだったけど自分達よりも早起きのお客さんも多くて結構込んでいる。窓側の席に通されて、さて、目の前。

 小樽側の函館本線がよく見える。吹雪を突いて列車が入ってくるのが見えているから朝食の間も落ち着かない。

 北海道産のご飯が想像以上に美味しい。20年ほど前に中学校の修学旅行で北海道に来た時、出たご飯は正直ダメダメだったけどよく進化したものだと感心する。揚げいもも北海道らしい。一個食べて美味しくて試しにもう一個食べたらやっぱり美味しかった。たいていの揚げいもは二個目はダメなものだったけど。
 相変わらずお客さんの途切れないレストランから8時過ぎに退散する。外は断続的に吹雪いている。10時前には出掛けることにしてそれまでは恥辱の続きやら身支度やら。
 チェックアウトして外に出る。札幌駅前は風の中、牡丹雪が舞っている。湿り気を帯びたその雪に春の訪れを感じる。ずっと忘れていた感覚を思い出して、駅へと向かった。
 ツアー二日目。今日はこのまま空港にゆく。昨日の丘珠では無く、新千歳空港。15分毎に走る空港ゆきに乗るべく、ホームへあがる。

 ちょうど大阪からやってきたトワイライトエクスプレスが札幌運転所へと引き上げて行く所に遭遇する。そんな様子を10分ほど眺めていると空港行きの電車がやってくる。小樽始発の快速。たくさん降りていってたくさん乗ってきて満席になる。荷物の大きな、明らかに空港利用客も目立つ。日曜日の午前中、引き上げの時間としては早いように思えるけど、どうなんでしょうか。

 空港までは30分少々。札幌の吹雪は晴れ上がって新千歳空港に到着。たくさんの人が大きな荷物を抱えて降りて行く。自分達も小さな荷物で出発カウンターへ。今日、これから乗る分の手続きを済ませておく。

 出発までは少々時間があるからその間にちょっと買い物。本屋さんへ。昨日たまたま見かけた道内ローカルの雑誌を探しにいったのだけどローカル誌で一コーナー出来ちゃうほどの品ぞろえに驚く。情報誌だけでなく風俗誌まであったから本当に驚いた。
 買い物はまだ後の方にチャンスがあるから見合わせて保安検査場を経由してラウンジに入る。この時間の千歳空港。降雪の影響が出ていて出発便に30〜40分ほど遅れが出ているがこれから乗る便は定刻で出発するようだ。

 ラウンジでビール。おつまみが国際線のように大きな容器が必要な分だけ器によそって持ち出すような形に変わっている。そして、

 ハイボールのサーバなんてものがあったりもする。試しに飲んでみたけど最後の方は時間に余裕が無くなってしまった。