JL998 JA659J B767-300ER OKA→HND

 20時前の那覇空港は羽田へ向かう最後の出発ラッシュ。JALのフライトも19:50の998便、20:05の920便と2本続けての出発を控えている。今日は先発の19:50のフライトを予約している。
 売店でちょっと買い物をしたので、搭乗はギリギリ。

 最終搭乗、なんて出ているが出発10分前に搭乗口から機内へ。待っていたのはJA659J。B767のうちJALが導入した中の最終機である。
 だいぶ席が埋まっている中、事前に指定した通りのクラスJ、窓側席に落ち着く。19:47、Doorlose。羽田までの飛行時間、2時間との案内。途中、雲と風の影響で揺れが予想されるとのこと。
 19:49、Pushbuck。19:55、Taixing。

 後続の920便、B777-300の大きな機体に見送られて、暗くなった空港、誘導路を進んでゆく。19:59、Takeoff RWY18。
 細かく揺れつつ上昇してゆくと雲の上に出る。

 思いがけず明るい。月がこうこうと雲海を照らしている。明日は十五夜。見た目殆どまん丸の月だ。20:05、ベルト着用サイン消灯。
 この便ではインターネットが使える。折角なのでPCを出してつないでみる。ただ、残念なのは、今日一日、外に出っ放しで充電が怪しげな事。2時間は持ちそうにない。
 早速飲み物のサービスが始まる。

 クラスJ限定というトマトジュースがあったので頂いてみる。クラスJの導入当初は、クラスJならではのサービス、というものが色々とあったが、最近では珍しいかも知れない。
 羽田までの時間が長いから、飲み物のお代わりを勧められる。一度頂き、二度目は、さすがに断っておく。
 20:30、機長さんから飛行状況の案内。現在飛行高度11,900mの上空を順調に飛行中。この先、21:40に降下を開始し、22:05に羽田に到着する予定。羽田天候は晴れで気温は20℃と伝えられる。
 石垣のインターバルで少し充電が出来ていたPCも2時間のフライトでは流石に持たない。1時間少々を残して、恥辱を綴るのを諦める。この先はPCは仕舞いこんで、ぼんやりと頭を休める事にする。
 21:30、まもなく降下開始の案内。窓外に街灯りが見えてきた21:47、ベルト着用サイン点灯、10分で着陸と案内がある。飛行機が北上してゆくと真h氏灯りが増えてきて、東京湾岸へ。工場群が見えてくる。東京湾アクアラインが海へと伸びる灯りが見えたのが21:58。羽田への最終コース。海が段々と近づいて来て、D滑走路が目に入る。22:02、Landing、RWy34L。22:07、Spot in SP18。

 降機後、乗って来たJA659Jを撮る。撮るのだが、本格的にデジカメがダメになっている。がっかりしつつ、京急の駅へ向かう。
 帰宅は横浜方面直通の特急にギリギリで間に合う。

 もはや何だかわからない写真だが79H運用1025編成なんです。新町まで。

 新町からは45運用、1549編成に乗ると南太田に23時。
 那覇空港で別行動になった妻は羽田から帰宅製図にそのまま海外出国中。帰宅しても食事はないので外で食べて帰る。何時もゆくサッポロビールを扱う中華料理屋は22時で閉店なので、別の店へ。



 サワーにラーメンと餃子のセットでちょうど1000円。頂いて帰宅すると日付が変わるところ。