春の嵐の

 夢を見て目覚めて、もう一度夢を見て目覚めて。少々時間が不安になって起き出してみたらまだ6時前だった。妙なものだなと思ってベットに戻ると安心したのかちょっと寝込んで次は6時半。最後はバタバタとなる。いつもの電車は73運用

 803編成で。
 今日は立て込んでいる。すっかり作ることが抜けていた部品。急いで手を着けなくてはならない。バスの中で構想を練り、午前中に計画。午後に煮詰めて、夕方から部品図を書いておく。現地で確認する必要もあるから手配は出来ないけど、ちょっとしたボリュームのある仕事を一日で構想〜計画〜詳細まで手を掛けたのは今までやった事が無く、仕方ないこととは言え、正直疲れた。
 帰りは最終のバスとなる。乗り遅れそうだからと急いで踏み出したら滑りそうになる。いつの間にか雨が霙に変わっている。そしてバスはなかなか来ない。
 歩道に濡れ雪の積もる文庫からの帰り。今日は11A運用となる。


 1001編成と1413編成のペア。そして上大岡から47運用

 815編成で。霙のせいか電車が良く滑る。上大岡で4分延だとか。

 南太田に着くと本格的に雪。雪というよりは嵐、と言いたくなる中、首をすくめて帰宅する。