JL139 JA8985 B777-200 HND→ITM

 18:40過ぎに那覇から914便が到着する。これが折り返し139便になる様子。伊丹行き139便は19:10搭乗開始の案内がある。そうは言っても案内通りには始まらないよね、と19:10過ぎを狙って席を立つ。すると遠くで「139便は優先搭乗」なんて案内が聞こえてきた。

 待っているのはJA8985。その間に後方座席の搭乗が始まり、前方座席の搭乗開始を待って列に並ぶ。

 機内、最前列のファーストクラス区画は5割ぐらいの搭乗。クラスJにも空席が見える。19:22、全てのお客様にご搭乗頂きましたの放送があり、19:26、Doorclose。「新年あけましておめでとうございます。新春より日本航空をご利用賜りありがとうございます」と案内。前便到着遅れのため遅れておりますとお詫びがあり、到着時刻は離陸後案内致しますとのこと。
 19:28、Push buck。伊丹までの所要時間は50分と告げられる。

 今日は先程から離陸機はRWy16。今動けば伊丹の門限には十分間に合うだろうなぁと安心する。前回、同じ便に乗ったときと同じく新大阪行きの最終リムジンには乗れるだろう。

 19:34、Taixing。先程からと同じように北側に飛行機は向かう。滑走路手前で先行機の離陸待ち。順番が廻ってきて滑走路へ。19:42、Take off RWy16R。

 京浜工業地帯を右手に見て東京湾へ。高度を上げつつ木更津手前でターンして南西へ。今度は

 横浜‪が見えてくる。まもなく19:47、ベルト着用サイン消灯。ファーストクラスとの間、カーテンが閉じられる。飛行機はさらに高度を上げる。伊丹着陸20:35見込みとの案内がある。
 飛行機は相模灘から伊豆半島を眺めて西へ。富士山は漆黒の中に沈んでいる。

 20時前になって飲み物のサービスが廻って来る。ラウンジで呑んできた後なのでスープを貰う。
 飛行機は順調に西へ。20:16、10分後にベルト着用サインが点灯する旨の案内がある。コップの回収も進む。普段よりも余裕があるように見える今日の伊丹最終便。20:30、ベルト着用サイン点灯。

 ふとマップを見ると機首が東を向いている。伊丹手前でホールドが入ったようだ。空域混雑の影響で旋回をしており、伊丹着陸は20:50になる見込みと案内がある。飛行機は名張から桜井の上空をぐるっと回っている。
 20:38、機長さんから飛行状況の案内。10分から15分で着陸できるとのこと。21:10の新大阪ゆきリムジンバスに乗るのは難しくなったかもなぁと思う。まだネットがつながるので乗り継ぎを調べておく。バスは最終京都行きが21:15。その後はモノレールが21:23か、と。
 20:44になって再び機長さんから案内。他便で急病人が発生して優先的に着陸する事になり、当便の着陸は20:55になるとの案内。そろそろ門限が気になりだす。最悪関空ダイバートもあるのかと。まぁ明日は何も予定がないから、関空行っても何とかなるけど。
 20:51になって着陸の許可が出た旨、改めて機長さんからアナウンス。これなら伊丹降りるかなと思うが、あと9分で着陸できるのだろうか。試しにフライトレーダーを見てみるとまだ7〜8機、伊丹への着陸を待っている状態。

 雲の中に入って視界が消えたりしながらも高度を落とす。その間に時刻は21:00になる。飛行機はまだ高度を落としてゆく。門限に間に合わないけど伊丹に行く、で決定だろうか。

 21:03、大阪市街地。雲に隠れたりしながら、しっかり伊丹へと高度を落とす。

 淀川を21:05に越えてゆく。何とか21:06、Landing、RWy32L。誘導路へ逸れると後ろから2機、アプローチしているのが見える。
 21:10、Spot in SP18。

 この時間の伊丹空港。地面が雨に濡れている。
 遅延のお詫びがあって降機となる。

 すっかり寂しい伊丹空港でここまで飛んできたJA8985を撮影すると荷物を受け取りに。この時間、荷物の返却は恐ろしく混んでいる。各地からのフライト。遅れ気味でバスは無いのに人であふれていた。
 荷物を受け取ると何とか21:33のモノレールに乗る。梅田に出ると22時過ぎ。この時間、新快速は20分毎。次は22:20まで無い。一昔前なら各地に向かう夜行列車が出発する大阪駅も、2019年では近中距離電車が時折やって来るのみ。

 だいぶ待たされ新快速。1時間程揺られて石山まで行くと

 京阪電車。帰宅は23時半となる。この時間の滋賀は冷えている。家はもっと冷えていて10℃を切っていた。慌ててリビングと寝室の暖房を入れる事になる。

【サイトアップ アクセスカウンタ】
 サイトアップはお休み
 アクセスカウタは機能せず
 万歩計は7,018