JL529 JA8978 B777-289 HND→CTS

 19時を過ぎてラウンジの席を立つ。指定された搭乗口に向かう。

 目の前には搭乗機が到着している。よく見ると朝もお世話になったJA8979。そしてちょうど降機客が吐き出されている所だった。出発19:30は無理らしい。
 今日はこの後千歳まで。JA8979は自分が実家を往復する間に千歳を2往復していたようだ。今日の北海道は雪。その影響でじわりじわりと遅れたのかも知れない。

 10分遅れとあるが、既に19:15になるところ。もっと遅れるだろう。そして千歳の気温、マイナス9℃とある。
 結局19:40近くになって搭乗開始。今日はファーストクラスにアップした。普段の伊丹線よりも時間が長いので、ちょっと乗ってみたくなった。

 コートを預け新聞を頂き、席に落ち着くと温かいおしぼりが出てくる。食事の要否を聞かれ、一緒に飲み物を聞かれる。今月のコラボは富山県。そして和食との事で富山の日本酒をお願いした。
 19:53、Doorclose。使用機材到着遅延のため遅れとお詫びがある。所々揺れが予想されるとのこと。

 19:57、Pushbuck。20:03、Taixing。飛行機はC滑走路に向かって進んでゆく。この調子だと千歳着は30分近く遅れるか。まぁ仕方ない。

 20:12、Take off RWy34R。羽田を見下ろしつつ空へと上がると大東京の夜景が広がる。

 東京湾上をカーブしつつ葛西や舞浜あたりを見下ろして高度を上げると、市川あたりから北上となる。

 この景色を一番前の左手窓側で眺める。よく当日アップグレードで一番いい席をくれたなぁと感謝しつつ。

 照明が戻る前にもう一枚。
 20:18、ベルト着用サイン消灯。飛行機は埼玉県に差し掛かり更に北へ。まもなく前後のカーテンが閉じられ、食事が出てくる。

 何か、洋食のような気もするけど、和洋融合のお食事だそうだ。合わせるのは日本酒だけど、SAKE、と言う事にしておく。


 前菜とメイン。


 パンとデザートは完全に洋食だなぁ。まぁまぁ違和感なく頂ける。お代わりも日本酒にしておく。4合瓶を開封しちゃったから、今更引けない。
 20:30、機長さんから飛行状況の案内。千歳空港雪の影響で遅れが出ている旨、お詫びがある。千歳着陸は21:20ごろ、ゲートへは21:30頃の到着となる見込み。千歳の気温はマイナス11℃と告げられる。降下中、揺れが予想されるそうだ。

 食事が終わり、デザートだけ手元に残して日本酒続行。やはり伊丹よりも余裕がある。20:48になって10分後にベルト着用サインが点灯する旨の案内が入る。そろそろ片付けて貰う。
 21:00、ベルト着用サイン点灯。よくよく見ると函館らしい灯りが遠くに見えてくる。少し揺れつつ洋上を進むと、前方に灯りが見えてきた。

 苫小牧の工業団地が流れてゆく。高度はだいぶ下がっている。このまま地上が近づいて21:20、Landing、RWy01R。速度が緩んで誘導路へ。

 21:25、Spot in SP12。外には雪が少々見えている。

 本日2便。お世話になったJA8978とはここでお別れ。伊丹で預けた荷物を拾う。この時間からどこにも進めないから今日は泊まりとなる。ホテルは千歳市内で抑えている。札幌まで行く事も思ったが、飛行機が遅れた今としては、千歳で正解であった。
 札幌方面の快速に揺られて二駅、千歳で降りる。

 ホームにも圧雪があって慎重に改札へと進む。ホテルは駅から少々離れている。

 当然、道路も圧雪。水分の少ない乾いた雪なのが幸いで、滑らずに歩くことができる。22時過ぎにホテルにチェックイン。
 だいぶ遅くなったが、折角の北海道。軽く酒を飲みに行く。悩む時間もないのでホテルのフロントでお勧めと言う店を聞いて出てくる。

 雪道用の靴なんて持っていないから普通の靴で雪道を歩く。慣れればまぁまぁ歩ける。数分歩くと飲み屋街。その中の一軒に。

 基本でしょ、サッポロクラシックを頂く。フロント氏は「どこでも飲める」と言っていたがキ×ンとかア×ヒとか出している店も多いからなぁ。 


 ホヤの塩辛と生牡蠣を頂く。遅い時間なので軽めにと言いつつクラシックはお代わりを。小一時間で引き上げる。ホテルに戻りコンビニで買ったビールを飲みつつ、少々夜更かし。