JL133 JA009D B777-289 HND→ITM

 出発20分程。今日は14番スポットに赴く。クラスJは確保に成功。

 駐機しているのはここからでは分からなかったが、JA009D。行きと帰り、どちらもJASの系譜を継ぐ機材に当たる。10分程前から搭乗開始、少し押している。通路側の席に落ち着き出発を待つ。
 18:35、Doorclose。18:42、Pushubuck。18:48、Taixing。南へと進み海を渡る。この時間、離陸で少々交雑。18:58、Take off RWy05。伊丹までは45分掛かる。折り返し便、カツカツだろうなぁと思いつつ上昇する機体に身を委ねる。19:03、ベルト着用サイン消灯。

 10分少々で飲み物を頂く。飛行機は三河湾を過ぎて降下を開始。19:27、3分後にベルト着用サインが点灯する旨の慌ただしい案内があって、19:32、ベルト着用サイン点灯。着陸態勢に入るとのこと。もう奈良盆地、そして大阪の平野が近づいている。人越しに街灯りが瞬いて、19:46、Landing、RWy32R。羽田空港混雑の影響で遅れた旨のお詫びがある。19:49、Spot in SP14。折り返しは最終便、31分後。これも遅れつつ綱渡りで門限は超えないのだろうなぁと思いつつ、降機。

 預けた荷物がないのですぐに出られる。20:03というモノレールに間に合う。阪急で梅田経由が順当だが、乗換案内で安いと紹介された、阪急京都線から東海道線に乗り換えるパターンを試したみた。
 高槻でも長岡でも乗り換えできるようだが、駅同士が一番近そうな大山崎から山崎を選択。

 随分と寂しい駅で電車を10分弱待つとやって来るのは

 高槻からは普通列車になった快速。このまま膳所まで乗り通す。京阪はしばらく空くので歩いて帰宅すると22時前。