JL904 JA752J B777-300 OKA→HND

 クラスJのキャンセル待ち。結果が出るタイミングで搭乗口へ。無事に手に入る。既に最終案内となっているタイミング。

 慌てて機首だけ写して機内に。待っているのはJA752J。沖縄メインで回ると必ずどこかでお目にかかるB777-300となる。非常口席の通路側の席に落ち着く。
 11:30の定刻だが、32分になって、あと数名の搭乗を待っている旨、案内がある。11:35、Doorclose。11:37、Pushbuck。11:42、Taixing。飛行機は誘導路を南側へ。11:47、Take off RWy36。
 大人しく上昇してゆくと11:52、ベルト着用サイン消灯。

 雲を散らした外を眺めて更に上昇。飛行機は羽田を目指す。
 ゆっくりとサービスの準備が進み、水平飛行に移ってしばらく飲み物が供される。

 冷たいお茶を頂いていると機長さんから飛行状況の案内。現在、高度10,700m、奄美大島上空とのこと。羽田には13:50着陸を予定しているそうだ。羽田の天候は晴れで気温は20℃と告げられる。

 ネットをつないで1時間ほど。何時まで経っても青い空と海が続く。13:12、降下を開始し、15分程でベルト着用サインが点灯する旨の案内がある。羽田が近づくと景色に変化が現れる。

 富士山。非常口の小さな窓から何人か写真を撮る。自分もご相伴にあずかると13:23、ベルト着用サイン点灯。飛行機は房総半島の手前で東京湾へ横浜を遠めに眺めての最終コース。13:42、Landing、RWy34L。13:47、Spot in SP15。

 この後の乗り継ぎ。秋田、青森と伊丹。この一番怪しい乗り継ぎが自分の物。
 ひとまずラウンジに。

 先程の搭乗機、JA752Jがすぐ近くにいるのを眺めて一時間弱。

 軽くビールを頂いているとラウンジに妻が現れる。近江への戻りフライトは妻共々となる。