JL125 JA615J B767-300ER HND→ITM

 馬鹿な事を考えている間にキャンセル待ちの結果発表の時間がやってくる。搭乗口に赴いた。


 待っているのはJA615J。大河ドラマに絡めたデカール機。JA615J。
 出発15分前を少々割り込んだ所で結果が出る。何故か何故だか窓側席を貰えた。こんな事は珍しい。既に優先搭乗は終わっていたので、最後を狙って搭乗。
 15:30、Doorclose。伊丹までの飛行時間は40分と案内。降下中に揺れが予想されるとのこと。
 15:36、Pushbuck。15:41、Taixng。

 係員に手を振られ飛行機はUターン、北側の滑走路端へと向かう。

 滑走路端で少々またされ、先行機を見送る。順番が来るとエンジンが唸りを上げる。15:50、Takeoff RWy16R。

 普段は選ばないA席、左側の窓席なので景色が少々新鮮。まずは青い東京湾に少し心が動く。
 東京湾上、機首の向きを変えると

 君津の工業地帯が見えてくる。更に、

 三浦半島なのだが、こちらは雲の影に沈んでいた。
 16:00、ベルト着用サイン消灯。伊丹着陸は16:30頃になる旨、案内がある。早速、ファーストクラスとの仕切り、カーテンが閉じられる。

 飛行機は伊豆半島に差し掛かる。所々散らした積乱雲に夏の名残を感じつつ西へ。

 16:05には清水と静岡が見えてくる。この辺りで飲み物のサービス。ワゴンが廻って来る。
 久しぶりにフルラインナップでやってきた今日の飲み物ワゴン。ここ何回か、揺れが予想されるので冷たいものに限定します、と言う事が続いていた。今日が特別条件が良い訳ではなさそうだけど。

 結局、冷たいものを選んでしまったけど。

 渥美半島が過ぎて三河湾へと差し掛かる16:16、機内案内。揺れが予想される2分後にベルト着用サインを点灯させるとのこと。機内サービスはこれで終了と宣言があり、サービスが行き届かず申し訳ないとお詫びも添えられる。そして16:19、ベルト着用サイン点灯。揺れが予想されるため客室乗務員も全員着席だそうだ。

 紀伊半島に差し掛かる頃、天気が悪くなってくる。雲が目立ち、まもなく雲の中。

 揺れながら高度を落としてゆくとうっすら奈良盆地が見えてきた。更に降下してゆくと最終コースの大阪平野

 今日は左手なので大阪の中心市街地が見える。これは晴れている時に見たくなる景色。なかなか午前中の順光と言う機会は無さそうだけど。

 そして泥を含んだ淀川を越える。流れ込む大阪湾は雲に消されてはっきり見えない。この週末、近畿地方は雨だったが、グズグズした天気がまだ続いている。
 高度を落として16:34、Landing、RWy32L。誘導路から駐機場へ向かう途中、ストップを喰らって2機着陸を見送る。再度動くと真っ直ぐスポットへ。16:41、Spot in SP17。

 降機。大阪の気温は23℃です。の言葉通りに肌寒い。半袖だと風邪をひきそうだ。預けた荷物は無いのでモノレールの駅に直行。少し遅れたけど、ここで巻き返しになる。阪急で梅田に出て17:30の新快速。何時もの流れで近江まで。

 関西空港のアクセス状況が出ている。今度、使う機会があるのだが、それまでの復旧は無理そうな気配が濃厚。
 買い物を少しだけして出先の家に戻る。お弁当の準備だが、今週は少々イレギュラー。作る量は少な目。長袖を引っ張り出して着込んでの就寝。