JL125 JA602J B767-300ER HND→ITM



 異動があって半年。結構な頻度で乗っている125便。地方空港発のフライトならそろそろ顔を覚えられそうな頃だが、ここは日本の首都、東京の羽田。さすがに「あぁ、またですか」なんて事は無い。
 20分前に搭乗口にやって来たが、少々間が空いて出発12〜3分前になって搭乗開始となる。

 少々時間が押しているが、15:31、Doorclose。15:36、Pushbuck。15:41、Taixng。冬ならここから延々D滑走路端まで10分掛かるが、この時期はすぐ近くのA滑走路から南へと飛ぶ。15:45、Take off RWy16R。
 逆光の東京湾を上昇してゆき西へと針路を取る。15:50、ベルト着用サイン消灯。今日は順調なフライト。

 三浦半島を跨いで相模湾へ。段々と富士山が近寄って来る。

 雲の間から辛うじて顔を出していた。
 15:55、機長さんから飛行状況の案内。現在高度9,200mを順調に飛行中。右手には富士山が見えている事も添えられる。この先、伊勢湾上空を経て伊丹に向かうとのこと。16:05頃には降下を開始し、着陸は16:27を見込んでいるそうだ。伊丹の天候は晴れで気温は33℃と告げられた。

 富士山を境に外の景色、雲が取れてくる。大井川の中流域が良く分かるようになった。
 三河湾から伊勢湾へ。フライトも後半戦に入る。16:09、あと5分でベルト着用サインが点灯する旨の案内が入った。

 三重県の津辺りが見えてくる。時刻は16:12。今日は飲み物廻り切らないなと思っていたら、ここで驚異の粘りを見せる。

 飲み物のワゴンが廻って来た。もう片付けのタイミングだと思うが、ちょっと驚いた。
 あと5分を少し伸ばしたのか、16:16、ベルト着用サイン点灯。飛行機は奈良盆地へ。高度をどんどん落としてゆく。

 生駒山へと差し掛かり、伊丹空港への最終コース。大阪の街に差し掛かる。

 茶色く濁った淀川が見えてくる。先日、近江に降った雨が今頃大阪湾へと流れ込んでいるのかも知れない。
 16:27、予告通りにLanding。RWY 32L。16:30、Spot in SP14。

 この時間に着いてくれると荷物を受け取っても16:53のモノレールに乗れる。そうすると新快速は17:30。それでも新快速に乗るまで1時間。乗ってから1時間なので時間はかかる。
 まだ日のあるうちに近江着。買い物をして家に着き、明日からの仕事に備えて支度を少々。