JL121 JA009D B777-289 HND→ITM

 20分前に席を立ち、搭乗口へ向かう。


 待っているのはJA009D。未だにカスタマーコード89を持つ7機のB777-200にあたるとおっと思う。中身は46の機材と一緒なんだけど。

 今日も右手窓側の普通席に座る。順調に席が埋まり、14:31、Doorclose。14:34、Pushbuck。伊丹までの飛行時間、45分と告げられる。14:39、Taixing。
 ラウンジから見ていた時は北風運用だったが、何時の間にか南風運用に変わっている。飛行機は誘導路を北側へ。

 滑走路端でしばらく停止の後、歩み出る。

 滑走路を挟んでお見合いしていたチャイナエアラインに先んじて14:45、Takeoff RWy16R。川崎の工業地帯をエンジン越しに眺めていると雲の中へ。揺れる事しばし。雲の上へ。

 うっすら見える東京湾岸、京浜工業地帯を右手に南へ向かい高度を上げる。

 金沢工業団地を辛うじて目視したのち、14:51、ベルト着用サイン消灯。
 飛行機は三浦半島を横切り相模湾を西に向かう。

 富士山は雲の切れ間から辛うじて見える程度。雲混ざりの日本列島を西へ、西へと進んでゆく。15時を過ぎて飲み物のサービスが廻って来る。

 6月から始まったアイスコーヒーを頂き、一息。飛行機は南アルプスから三河湾へ進んでゆく。

 15:10、セントレアが見えてくる。そろそろ降下が始まる頃だろうか。伊勢湾を跨ぐ頃から雲が目立つようになる。15:19、ベルト着用サイン点灯。

 硬度を落とすと右手に奈良盆地が広がり出す。今日は関西も天気が良いようだ。生駒山地を越えて大阪市街地、最終コースへ。上空から見る限りこの辺り、地震の痕跡は感じられない。
 淀川を越えるとすぐ地上が間近に迫る。15:31、Landing、RWy32L。15:35、Spot in SP14。

 ここまでお世話になったJA009Dとサヨナラをして荷物を受け取る。ここから近江までの移動が一仕事なのだが、今日は輪をかけて、モノレール運休というトラブルが起きている。

 夕方には運転再開、なんて甘い事は無かった。この時間も絶賛運休中。仕方ないのでバスに乗る。京都行きがちょうど出た所だったので、新大阪ゆきを選ぶ。

 あと15分待つのだが、既に行列ができ始めている。梅田に行くバスが満員で出て行き、

 バスが来ると補助席まで満席。ギリギリに来た人は乗れなかったようだ。モノレールと言えども軌道系交通機関の輸送力はバカにできない。
 新大阪まで30分強掛かる。モノレールから阪急の乗り継ぎなら16:30の新快速に乗れるタイミングだったが、今日は16:45の新快速。途中、高槻付近で徐行運転。地震の影響らしい。それでも大した遅れにはならず、近江まで1時間強。買い物をして帰宅すると18時半。