JL125 JA614J B767-300ER HND→ITM

 15時を過ぎて、席を立ち、搭乗口へ。スポットで待っているのは

 毎度おなじみB767-300ER。国際線から転属してきた一族。機材だけは案外と被らず、今日は614Jであった。

 搭乗開始まで少々間があり、座って待つ。事前搭乗の子供連れが多く、優先搭乗が始まったのは15分過ぎの事。

 相変わらずの雨。窓は雨粒で視界が効かない。
 お客さんが次々乗り込んで辺り一帯が満席になる。15:30、Doorclose。今日のフライト、前線の影響で伊丹到着20分前から揺れが予想されるとの事。揺れの関係で飲み物は冷たいものに限定してサービスする旨、案内がある。
 15:33、Pushbuck。15:39、Taixing。雨の中、誘導路を北に向かう。千歳に向かうらしいJA8978が右手の誘導路をさっと進んで追い越してゆくとC滑走路へ向かう。こちらはA滑走路から。滑走路に入って一呼吸おいた後

 雨粒が斜めになる。15:48、Take off RWy16R。一瞬、川崎の工業地帯が見て取れたが、その次には 

 一気に雲の中に入る。揺れが少々続いて、落ち着く。雲の上だが、その上にはさらに雲の重し。フライトは落ち着く。15:55、ベルト着用サイン消灯。

 地上も見えなければ、青空も見えない。落ち着いたフライトだが、ずっと雲と雲の間に挟まれて西に向かう。
 地上で予告のあった通り、冷たい飲み物だけによるサービスが行われる。大きな揺れは今の所来ていないが、いつ来ても不思議はないのだろう。

 久しぶりにスカイタイムを頂く。二口、三口で頂くと16:00、機長さんから飛行状況の案内。前線の影響で揺れが予想されており、16:12にはベルト着用サインを点灯させるとのこと。伊丹着陸は16:35を予定しているとのこと。
 16:05、あと5分でベルト着用サインが点灯する旨の案内があり、実際には機長さんからの予告時間。16:12に点灯となる。まだ飲み物サービス中だったが、中止のようだ。
 高度を下げると揺れが少々やって来る。窓外は真っ白な景色が続いたまま。16:22、着陸態勢に入った旨の案内。飛行機は奈良の辺りまで来た筈だが、どうだろうか。

 ようやく雲の切れ間が見えるようになる。どうやら生駒山地のようだった。もう伊丹への最終コース。東大阪の街並みが何とか何とか見えてくる。

 大阪市内、淀川が見えてくるようになってもビルよりも低い所に雲があるんじゃないかという勢いで雲が散っている。雨も降っているようだ。揺れながら高度を落とすと16:35、Landing、RWY32L。
 伊丹の天候、雨で18℃なんて案内がある。ジャケットは脱いできたけど必要かも知れないと思っていると16:38、Spot in SP17。

 相変わらず耳から空気が抜けず、苦しむことになる。風邪の時はいつも辛いが昨日今日は全く元に戻る気がしない。
 荷物を受け取りモノレールへ。幸い脚はだいぶ良いので梅田の乗換も何とかなりそうだ。阪急で梅田に出てJRの大阪駅、ホームの端まで歩くのも問題ない。17:30の新快速に座れる。少し京王線恥辱を進めて近江まで。
 出先に戻って明日からの食事の準備。その中でちょっと試したものがある。

 台湾でおなじみの茶葉蛋。お茶やら八角やら山椒、シナモンを横浜から持ち込んでゆで卵に割れ目を入れて煮込んでみる。うまくいくかどうか。