日曜日。今日は会社に行かねばならない。熟睡した後、朝食と身支度少々。早く行って早く帰ろうと思いつつも、気が付くと9時を過ぎる。出勤。

 37運用1541編成で文庫まで。上大岡9分のバカ待避込みを乗り通して時間を作り、京王線恥辱を少し進めておく。
 会社で最低限、やっておきたい仕事だけ前に進める。本当は?先週、済ませておきたかった仕事を片付ける。帰宅。
 中途半端な時間に会社を出て適当に歩いて文庫方面まで。駅まで歩き通すつもりだったのだが、ふと文13系統の終点、柴町のバス停を使った事がないなぁと思い立ち、今回使ってみる事にした。

 路地裏みたいなところに突然、トンネルが現れ、そしてバス停がぽつんと。ここが文13系統の終点、柴町。普段使う東柴町は埋立地だが、こちらは元々あった古い街中になるようだ。

 戦時中に作られ、戦後のゴタゴタで管理者不詳となっていたという柴のトンネル。最近になって横浜市が改修をして立派になっている。改修前に一度見ておくべきだったが、後の祭りだ。

 トンネルの向こうにある折り返し場からバスが来る。およそバス通りとは思えないをずっと走って文庫の駅まで。この異次元っぷりはちょっとした旅だった。
 日常に戻って帰宅。京急線

 9運用、1537編成で。