JL101 JA009D B777-289 HND→ITM



 北ウイングへ。今年最初のフライト。座席は普通席で予約している。一週間前に予約した際、クラスJは2-4-2の真ん中席しか取れなく、普通席は3-4-3の真ん中4席が空いていた。隣がいなければ普通席でもいいかなと思った次第。ただファーストクラスにしようかというのはちょっと迷ってやめている。
 ラウンジで軽く食事。休みの日ではあるのでビールを飲んでも構わない筈だが、やめておく。軽く新聞に目を通してから搭乗口へ向かう。


 1月の6時過ぎ。まだ外は暗い。飛び立つ頃には夜明けだが、ひとまず乗り込む。待っていたのはJA009D。
既に搭乗は始まっており、ちらほらと人が乗り込んでゆく状態。乗ってしまうとファースト、クラスJ、どちらにもまだまだ空席が見える状態。3-4-3の真ん中4列席、通路側に腰を据える。 
 少しずつお客さんが増えるが隣の席は埋まらないまま時間が過ぎる。6:25を過ぎて、2Kと12Kのお客さんが呼び出されるというという何か妙な状況が起きる。

 詳細不明だが6:31、Doorclose。しかしなかなか動かず、Pushbuckは6:38までずれ込む。こりゃ、伊丹到着遅れるな。
 6:43、Taixing。16からの離陸なら奇跡的に巻き返せるが、案の定、やっぱり、D滑走路へと向かう。外はどうやら明るくなっている。飛行機は淡々と誘導路を進み進み、6:56、Takeoff RWy05。伊丹着陸は45分後かぁ。
 東京湾上空をくるっと旋回していったのは遠くの窓から小さく見えた。揺れは無く穏やかな上昇。7:01、ベルト着用サイン消灯。半分ちょっとの搭乗率。その半分は寝入っている中に、ワゴンがやって来る。

 冷たいお茶を頂く。出てきたコップ、鶴丸コカ・コーラのロゴもない、オフホワイトの物。何があったのかは、良く分からない。
 お手洗いに立つついでに機内の様子と外の様子を見てみる。

 窓外にはどこか、と言うしかない大地が広がっている。順調であればそろそろ三河湾に差し掛かるか、という所だろう。

 お手洗いついでに一番後ろまで。真ん中席、ちょこちょこと埋まっていて、搭乗率は7割ぐらいだろうか。朝いちばん、6時半のフライトを思う結構乗っているかも知れない。
 7:19、降下を開始し、あと10分でベルト着用サインが点灯する旨、案内が流れる。早いが、遅れを取り戻したわけではなさそう。空港に着いた後の乗り継ぎを確認している間に7:31、ベルト着用サインが点灯する。
 高度3,400m、対地速度596km/h。どんどん高度を落としてゆく。7:38、そろそろ伊丹に降りて欲しい時間に生駒山が見える。山を跨ぐと大阪平野の最終コース。淀川が見えて7:44、Landing、7:48、Spot in SP18。

 マイナス3℃と告げられた伊丹空港に降り立つ。

 乗り継ぎの案内、何とも微妙な乗継が多い、ような気がする。
 7:52のモノレールには乗れないので、京都までバスにする。次は8:10。バスが来るまで待ったが、さすがにマイナス3℃。寒い。
 バスに揺られてほぼ定刻。9時ちょっと前に京都駅に到着。駅へと急ぐと9:00の新快速に乗る事が出来る。
 順調に走って来た新快速。変調が訪れたのが草津。先頭で「トラブル」とかなんとかいうような会話がいくつか。そして
「篠原-近江八幡間の踏切で異常を確認したため、この列車は急遽、草津止まりとさせて頂きます」

 全員降ろされる。ずいぶんと諦めが早い処置。

 今日は湖西線でもトラブル中のようで、情報が錯綜している。ひとまず後から来る米原ゆきも野洲どまりになるようだ。

 ひとまず野洲までしか行かない電車に乗って3駅。この先は、

 30分待たされる。
 踏切の異常とのことだけど、下りは時々やって来るから走れない訳ではないらしい。30分大人しく待って新快速、のつもりが、

 しれーと新快速が消される。後ほど案内、10:28の新快速は踏切異常の影響で草津打ち切りとなりました。10:44までお待ちくださいと。。。
 大阪方面への本数確保のために途中折り返しにしているんだろうなぁとは思うが、これで1時間電車がない。走れないならとにかく下りは来るので走れない訳ではない。約束の時間はとっくに過ぎるし、半分イライラ、半分諦め。溢れでるのは寒いという感情だけ。
 10:44の米原ゆき、数分遅れてやって来る。目的地、近江八幡には11時過ぎの到着。京都から新快速で30分の筈が2時間掛かってしまった。これなら京都まで高い金を掛けてリムジンバスを使う事もなかった。。。。
 近江八幡の訪問先へ。約束から1時間遅れている。お詫びかたがた今日のトラブルに似たトラブルの頻度を聞いてみたが滅多にないとの事。たまたま何ですかねぇ。
 午前は近江八幡、午後は野洲へ。

 時間が押して駅前のコンビニでパン一つを齧り訪問先へ。午後はこの野洲で二軒ほど。その途中、

 東海道新幹線の脇を中山道が通っている。この辺りを通る国道は1号線ではなく、8号線。東海道新幹線関ヶ原を通るのでつい忘れてしまうけど、旧来の東海道草津から草津線沿いだ。今でいうなら新名神沿い。
 16時に所用が終る。今日は横浜まで帰宅。朝来た時は青空がきれいだったが、この時間、雲が出てきている。夕方から雪という予報も出ている。雪が降るのは彦根の方で、野洲や八幡ではめったに降らないと聞いてはいるけど、さて。

 帰りも伊丹から飛行機。よって新快速で一旦西に向かう。午前中は乱れに乱れていたダイヤもこの時間には回復している。空いた新快速の車内、椅子に沈むと疲れが出る。行きと違って今度は大阪まで乗り通す。野洲駅前の金券ショップで大阪までの乗車券、定価の400円引き、920円で買い求めている。平日昼間きっぷの恩恵だが、この激安キップも今年9月で終売らしい。それ以降はどうするのだろう。
 途中眠って気が付くと新大阪。伊丹に行くなら新大阪からバスが早いが、手元の切符に従い大阪まで乗り通す。ちょうど1時間。

 早いので近いと勘違いするが、3府県、距離で70㎞近くを移動している。空港に行くのも一苦労だ。
 予定より早く大阪に戻ってきた。時間に余裕があるので、乗換ついでに串カツでもと考える。知らない場所に出てしまい、店をありかが分からなくなったが、何とか何とか、たどり着く。


 大阪としては珍しい、サッポロビールを出す店で生ビールを1杯に串カツを2本。あくまで寄り道なので深酒はせずにこれだけで終了。今度は阪急の梅田に向かう。

 宝塚線の電車で蛍池経由大阪空港。行きのバスとほぼ変わらない値段で空港まで。空港に着くと野洲からちょうど2時間だった。同じ時間を使うと在来線でも名古屋を越えられた、かも知れない。空港が遠いなぁ。。。