週末の朝。アラームが有効なのは平日だけで土日は鳴らないように設定している。つまり、今日はアラームが鳴らない事を失念していたのだが、朝の気配に気が付くと、ちょうどアラームの鳴る時刻。我ながら呆れることになる。
 昨日の朝の繰り返し。帰り支度をしておくことだけちょっと違うが、会社にゆく。昨日と全く同じタイミング。
 世の中は三連休なので多少静かな一日となる。落ち着いて仕事の出来る休出もどき。そして定時の日なので17時上がり。
 明日は東京で飲み会なので今日の夕方発で移動する。18きっぷの三回目。何度か夕方からの普通列車乗り継ぎはこなしてきたが、休日の移動は初めて。若干様相が異なるはずである。

 豊橋に着く。ここで次の浜松行きを待っているお客さんの数が半端無い。列車が入ると久しぶりにみる席取り合戦。少々下品な振る舞いをする人もいる。3連休の初日。18きっぷで移動する人のピークに紛れてしまったようだ。
 混雑する電車に揺られる。新所原から静岡県。その長さに思いやられる。
 40分弱で浜松到着。平日であればホームライナーなんて電車が待っていて、快適に素早く移動出来るのだが、これは休日運休。後の沼津行き普通列車への乗車となる。若干乗継に間があるのでその間に、

 ホーム下、自笑亭で蕎麦を食べておく。3回で飽きた自笑亭のそばだが、この先の供食事情を考えると手を出しざるを得ない。写真は天ぷらそば¥380。可もなく不可もなく。店は18きっぷの乗継客で混雑していた。新幹線側のスタンドは閑古鳥が啼いている。

 改めて乗車するのは沼津行き。この先、静岡県内の乗継が最悪で、20分後の興津行きに乗っても結局熱海到着は一緒なのだが、まずは先を急ぐ。
 先頭が空いていて後になるほど混んでいる不思議な電車。勿論空いている先頭車を選ぶ。先程見かけたような18きっぷのお客さんもちらほらするが、地元客が多く、二駅三駅進むとロングシートは閑散とした。パソコンを広げる余裕が出来て、昨日の恥辱をやっつける事ができる。今日の分も進んだ。
 静岡に20時半過ぎ。乗客が入れ替わるが平日程は混雑しない。そのお客さんも清水までにあらかた下車。軽いモーター音が響く車内には気だるい空気が漂う。
 列車は沼津止まりである。接続はホーム代わって6番線から三島行きと案内がある。御殿場線からの直通列車らしい。熱海行きは同じホームで待てと案内。
 15年ぐらい前の東海道線なら、沼津に限らず静岡でも浜松でも、お酒を出すスタンドがホームにあって、15分ぐらいの暇つぶしは難という事でもなかったのだが、気が付けば無くなっている。そういう訳で、一度改札を出てコンビニに行きビールとつまみを手にしておく。勿論、最初から予定の行動である。
 15分待っての熱海行きは3両編成。さすがに混んでいる。もちろんこの中では飲めない。熱海で乗り換えた東海道線の中で

 ビアホール、開催。祝杯と共に静岡を抜ける。新所原で静岡に入ってから3時間以上が経っている。
 散々、静岡のロングシート地獄を味わった後。熱海から乗るE231系。小田原までは天国だが、だんだん腰が痛くなってくるのを感じる頃、車窓に大船の車両基地が流れる。戸塚までの1時間少々という距離は硬い椅子を恨まずに済む、ちょうど良い距離のようだ。戸塚に23時過ぎの到着。東海道線を5時間強乗り通した事になる。
 地下鉄に乗り換え、自宅へ。妻は3連休を利用して海外に出かけたので、帰ってきても今週末は一人。すぐに寝られるものでもないので、若干夜更かし気味になってから、就寝。