風が強く吹いて


 明大前まで出ると、想像以上にダイヤが乱れている。ホームに上がったときに出て行ったのが快速の京王多摩センターゆき。ダイヤ修正でそういうのが出来たのかと時刻表を眺めてしまってからダイヤ乱れの影響だと気づき、苦笑い。
 この時は準特が次発という案内だったけど、実際にやってきたのは準特よりも先に急行の橋本行き。これ、途中で準特退避なのか、それとも調布まで先行するのか。駅の案内がなくてよく分からない状態だったけど車内放送では調布、橋本先着と言っていた様子。
 20分眺めた後の快速で調布まで行く。乗った時は橋本行きだったけど途中で京王多摩センター行きに化ける。そして調布では接続解除で出発。

 また急行が先に来た。今度は都営車。そして準特急北野ゆきと接続を取ったりしている。
 ひとまず高幡不動まで行く。ダイヤは乱れているがイベント中止の案内は無いから、やるのだろう。多分。高幡まで着くと

 こんな状態で並んだ6000系。注目を浴びている。これから多摩動物公園までの送り込み。まだ時間があるようでもう一回並んでから送り込み回送が出て行った。後から追いかけるようにこちらも多摩動物公園へ向かう。

 着いてみるとすでにイベント開始。6866側は京王れーるらんど10周年記念マークをつけて記念撮影用に。

 6416側は往年のヘッドマークを30分毎に取っかえ引っかえ。15分毎に行先幕も変えるからちょっと撮って撤収、とは行かなくなった。
 能登や北陸の最終日のように3000人集結、なんて訳ではないから混乱もさほどでは無く、まぁ昨今の報道も効いているのか、前で取り終わったら後ろに下がる、なんて行動も見られる訳で、人が集まる割には、まぁ撮れる気がする。迎光の撮影現場よりは雰囲気は良い。

 こんなのにも取り組んでみたけど、臙脂帯とは分からんな、この写真では。
 そんな調子だったから本線の撮影はすっかり遅くなる。ダイヤ修正後の様子、じっくり見たかったのだけど来週回しになる部分も抱えつつ。

 午前中見かけた8006Fがどこかに引っ込んでしまったのは正直、残念。6717Fも見れないままに引き上げとなる。帰りも渋谷から東横特急を爆睡して最後は京急線33運用

 1615編成で。夕方の5時の南太田。まだまだ明るい。