JL101 JA8984 B777-200 HND→ITM

 羽田へ向かう快特は三連休で出掛ける人たちだらけ。みんな大きな荷物を持っているから、鞄一つの自分や妻は少々浮いた感じもする。手続き。タッチの差でクラスJの空席を逃してしまい、キャンセル待ちを入れて貰う。保安検査上を経てラウンジまで着くともう6時。キャンセル待ちの結果発表まではあと5分。

 喉は乾いていたからトマトジュースだけ飲み干すともう搭乗口へ向かう。先日、函館に出掛けたときと同じ15番搭乗口に待っているのはJA8984、エコジェット。中が違う訳ではないけれど、普通と違う機材に当たるのはちょっとだけ嬉しい。ひとまず、空席待ちの結果が出るのを待つ。席はばらけたけど確保は出来る。もう搭乗の行列は無くなっている。出発10分前、機内へと急ぐ。

 早朝6時半の出発便。クラスJは一杯。普通席は空いている様子。一番前のファーストクラスは2〜3人だろうか。ばらばに指定された座席は中程の通路側。通路越しに外を眺めることになる。定刻の6:25、機材整備に時間が掛かっていて出発まで5分程要する旨、お詫びと共にご案内。
 ようやく6:31、Doorclose。伊丹までの飛行時間は45分とのこと。天候は晴れで気温は5℃だそうだ。6:34、Taixing。A滑走路を離陸してゆく飛行機が見える。今日は南風らしい。春が来たなぁと思っていると6:44、Taixing。くるりと向きを変えてこの飛行機も北側へ向かう。程なく滑走路端にたどり着くとフルスロットル。6:44、Take off RWy16R。まっすぐ東南へ向かって飛び立つ。人越しに小さく京浜工業地帯。横浜ベイブリッジが見える頃に旋回。軽く揺れる。テレビモニタに横須賀が見えた6:49、電子機器の使用が許可された直後、6:50、ベルト着用サインが消灯する。
 ひとまず昨日の恥辱に取りかかる。機内は寝静まっている中、ドリンクサービスが始まる。満席のクラスJでも次々飛ばされるからすぐにワゴンが廻ってくる。

 コーヒーを飲みつつ。昨日の次は今日の番。
「お客様にご案内致します」6:58のこと。何だろう。
「右手に富士山をご覧頂けます」
 あぁ、平和な案内で良かった。今日は天気が良いからなぁ。きれいに見えているだろうが、残念ながら中程の席からは分からない。

 悔しいから思いっ切りズーム側に持っていって窓を撮っておく。見えた雪山は南アルプスだろうか。
 7:07、機長さんから案内が入る。あと10分ほどでベルト着用サイン点灯とのこと。伊丹の到着は7:30ごろとなり、天候は晴れで気温は8℃だそうだ。

 45分のフライトはさすがに短く、7:16、飛行状況が映し出されたときには既に高度は4,100mまで下がっている。もうすぐ大阪通勤圏の果てに差し掛かるところ。まもなくシートベルト着用サインが点灯した。15分で伊丹着陸となる。電子機器は使えなくなった。少しの揺れ。高度は確実に下がってきており、テレビモニタに映し出される機外カメラは生駒山らしい姿を捕らえている。7:26、Geardown。淀川が過ぎてゆくと真下のカメラが真ん前に切り替わる。その向こうに伊丹の滑走路が大きくなる。7:29、Landing RWy32L。7:34 Spot in SP18。

 今日も、と言っては難だが乗り継ぎがあって空港内にとどまる。一度外に出る程度の時間はあるのだけど、保安け検査場の混雑を見て諦めた。ラウンジに引きこもろう。

 早朝の羽田では時間も無く飲まなかったビール、今度は手を出す。飛行機を眺めつつ小一時間。羽田行きの搭乗が始まるとラウンジも空席が目立つようになる。こちらもそろそろ移動しよう。先ほど乗ってきたエコジェットがPushbuckしてゆく様子を横目に空港の端へと急ぐ事になる。