帰ってバタン

 出張先のホテルで目覚めた。テレビも電気も点いたまま。午前3時。昨日ベットにごろんとしたら、そのまま寝たらしい。電気とテレビを消すとパソコンのディスプレイが気になりだしてパソコンを閉じる。やれやれ。
 2度寝は目覚ましに破られる。昨日と同じ合図。昨日と同じ時間。ぐったり来たがいい加減起き出す。寝てしまって手を掛けていない恥辱を上げておく。
 7時半過ぎに客先に向かう。自分の仕事は10時半からだから、それまでは別の現場でお手伝い。自分の仕事はまぁまぁ上手くいく。午後からは他の現場の手伝い。結局終わってみると18時半過ぎ。西の空がほんのり赤い。
 現場は今日で引き上げなので撤収作業まで手伝う。荷物をまとめて宅急便の営業所に持ち込むと6箱になった。ようやく帰路。先週よりも30分遅くなる。
 豊橋からのひかりには間に合わないから名古屋まで出て新幹線。のぞみ258号の指定席が取れた。ここで10分回復。お弁当だけ買うとホームに上がる。20:33のひかりがちょうど出てゆくところ。のぞみがもう1本来てから指定ののぞみ。慌ただしい。やってきたのはC60編成。
 割と空いていたのぞみも名古屋で満席になる。所々、B席が空いている程度で9割以上の乗車率。さすがに金曜日の夕方。
 通路の人を押し退けて車掌が後ろに走ってゆく。その後で「急病人の介護を行っているため発車を見合わせている」とのこと。長いこと停まる間に後続ののぞみが追いつく。結局7分延で出発。