JL1170 JA8399 B767-300 HKD→HND

 函館を離陸する最終便。日曜の晩だし空港内は最後の買い物をギリギリまで楽しむ人、早々に保安検査場に向かう人、いろいろ。さすがに行列が出来ていてあんまりゆっくりしているのも気が引けるので検査場に向かう。まもなく優先搭乗開始の案内が流れる。
 19:15過ぎ。搭乗が始まる。機内混雑緩和のため、後方座席のお客さんから先だそうだ。前方であるクラスJは後ほどの案内。ゆっくりして、行列が消えた頃を見計らって機内に向かう。クラスJに乗るのは久しぶりだ。去年の夏、松山からの帰り以来だろうか。
 19:36、Doorclose。案内された機長さんの名前が昨日の羽田→函館と同じだ。余り無い名前だから同じ人かもしれない。羽田までの飛行時間は1時間10分とのこと。途中、35分後に山形上空を通過するそうだ。東京は雨が降っているそうで降下に際して揺れが予想されているのとのこと。
 19:40、Pushbuck。機内減光となる。後退して停まった所で再度案内。羽田到着便混雑のため、この便の出発を10分ほど遅らせるとのこと。21時の到着便では仕方ないかも知れない。天気の悪い関東上空で着陸待ちを喰らうよりはよっぽど良い。
 そんな案内があったからしばらくこのままかと思ったら19:46、Taixingとなった。暗くなった空港、誘導路を西へと向かう。函館市内への離陸となりそうだが、今座っているのは右側の窓席。函館山や函館の夜景を見るのは難しいだろうなぁ。
 ジェット機は律儀に滑走路端まで行くから離陸まで時間が掛かる。ようやく誘導路が尽きて滑走路へ。19:53、Takeoff RWy30。函館市内、平凡な夜景が広がる。そして右へと進路を切った。真っ暗闇の中に一点の明かり。「函館山の夜景」だ。
 飛行機は順調に高度を稼ぐ。19:59、ベルト着用サイン消灯。まずは穏やかなフライト。