さて本文

 真っ暗なうちに起き出したのは久しぶりだ。今日も出張。今から出掛ければ始発の新幹線に乗れる勢いだけど、集合は13時。18きっぷを使って行くのだ。最初の予定では14時半集合だったから18きっぷを用意したのだけどその後で一件予定を入れられてしまう。予定何てそんなものだから仕方ないけど、予定した18きっぷは今からでは
どうしようも無く、頑張って起き出す。209系

 29編成で横浜に出ると

 静岡ゆき、321Mを捕まえた。ムーンライトながらの車両を静岡に返すための列車だから、車両は普通列車としては非常に良く、従って18きっぷ期間は込み合う列車だけど、さすがに9月になったからか、一頃の混雑は無い。横浜で窓側に座れた。席を選びさえしなければ、大船でも何とか座れる日常が帰って来ている。
 静岡までの三時間弱はひたすら堕眠を貪る。走る、停まるを繰り返し、隣席の人が入れ替わるから爆睡とはいかないけど、ひたすら眠る。確か小田原の手前で通路一杯まで混雑した後は一度空いて、熱海辺りからまた混み出し、三島で「車内混みあいましてご迷惑をお掛け致します」何て放送が流れて、沼津を過ぎるとかえって空いたような。以前は静岡に向かうラッシュもあったけど、今のダイヤ。静岡到着が15分ほど遅くなった分、混まなくなったようだ。
 長らく静岡到着8:27だった321M、8:43に変わった理由は定かで無いけど推測するに最混雑時間帯に9両繋いでいるとは言え2つドアの車両が来る事が問題だったのだろう。
「引き続き東海道線下り方面ご利用のお客様は8:47浜松行き」と案内。静岡到着が遅くなった分、その先への乗り継ぎもずれ込む。恐らく挽回は出来ないだろう。しかも目の前の浜松行きは

 3両編成。立客多数となる。単なる通過客には改悪の重ね技としか映らない措置だ。
 いくらラッシュを過ぎていても3両と言うのは短いようで案外と途中駅からが混み出す。年寄りの姿も目立ち一人二人が席を譲った所でどうしようも無い感じ。せめてあと2両、増やす訳にはいきませんか>JR東海さん と言いたくなる状況で浜松まで立ってゆく。
 浜松まで来れば先が見えて気分的には楽。集合時刻までには30〜40分ぐらい、余裕がありそう。昼食事情とか何とかを秤に掛けて考えて