JL534 JA8189 B747-300 CTS→HND

 空席待ちの呼び出しは18:05、少し早い目にラウンジから出たらそのタイミングで呼び出しが入った。どうやら確定の様子。「窓側通路側どちらになさいますか」なんて事まで言われる。まさか選べるとは思ってなかった。まもなく新しい航空券を渡される。
 宛がわれたのはクラスJの最後方窓側。どうやら並びでキャンセルが出たようで隣はキャンセル待ちカウンタで見掛けた人だ。それで選べたのか。
 
 何時の間にか満員御礼の×印が付いていた飛行機だけど、順調に搭乗が進み、ほぼ定刻、18:20にDoorclose。18:21、Pushbuck。「ワンワールドメンバー、JAL」と言う案内をまた聞くことになる。羽田までの飛行時間は1時間20分との事。松本から来た時より時間が掛かる。風向きもあるだろうけど、マイル数だけ比較すると若干と言え、松本-新千歳の方が近かったりする。
 18:26、Taixing。すっかり夜の帳が下りた空港。誘導灯を眺めながらガタゴトガタゴト。ガタゴトが停まると一瞬静寂が訪れた後、ジェットエンジンの轟音が通り過ぎてゆく。着陸機をやり過したようだ。再び、ガタゴト。滑走路の灯りが滲む。エンジン音が響き渡る。そして背中をぐんと押される。18:31、Takeoff RWy19R。
 
 揺れる訳でもなく、順調に高度を上げて行ったのだろう。ベルト着用サインが消えた。18:39。窓の外、ほのかに西の空に赤みを残している。右側に二つ並んだエンジンのシルエットが浮かんでいる。下界は雲に覆われているようだ。NHKニュースの放映、ドリンクサービスの開始。全てが恙無く進んでいる様子。
 18:54、機長さんから飛行状況の案内。ただ今高度11,600mを対地速度770km/hにて飛行中とのこと。あと8分ほどで花巻の上空を通過する。羽田着陸は定刻よりも5分ほど早く、19:50となるそうだ。羽田降下時は揺れが予想されるとの事。
 
 ドリンクサービスが廻ってくる。お菓子は抹茶サンド。自分のフライトでは初顔です。
 19時を過ぎると窓の外、すっかり暗くなる。地上の明かりも見えない。ちょっと間を持て余す感じなので、恥辱を書き進めておく。
 19:10、気持ち揺れた感じ。一瞬だったためかベルト着用サインは消えたまま。機体は落ち着きを取り戻すと、なお雲海の上を羽田へと急ぐ。19:20、あと10分でベルト着用サインが点灯する旨が案内された。
 パソコンの画面に向かっていると時計が19:30となる。そろそろかなと思っているとベルト着用サイン、点灯。そのとたんに揺れだす。何か進行方向を軸にしてぐるぐる廻されるような揺れだ。19:35、あと15分で着陸と告げられる。
 ふと窓の外を見ると、一面の街灯りが広がっている。19:41。千葉の上空まで来た。灯りが所々黒く染められているのは雲の影。ビア樽のような黒点は、自機のエンジン。洋上へ出る。右手には街灯りが続く。今日の着陸はRWy16の様子。お台場の観覧車が見えてきた。その向こうに東京タワー。案外と暗い気がする。良く見ると街が雨に濡れている。予報通りに天気が崩れたようだ。
 雨に濡れ、黒く沈んだ埠頭が過ぎてゆく。海が一面に広がる。不意に空港、19:47、Landing、RWy16L。綺麗な、綺麗な着地だ。殆ど衝撃を感じなかった。19:56、Spot in SP15。