おきなわ

私はとりあえず腹が減ったと言うことでメシを食いに行く。某所で名前は聞いていた空港食堂。てびちそばなる物を頂く。支払いはJALのICクーポン。バイトの人、扱いに困っている。JALのICで決済するの初めてだって。そんな物かもしれないけど、結構ばら撒いているからこれから増えることでしょうね。
 てびちそば。何かと言うと豚足そばです。
http://ofukurosoba.hp.infoseek.co.jp/menu7.html
 食べ甲斐と言うか戦い甲斐があって完食するのにえらい苦労します。豚足自体には抵抗がないのだけど、食べる作法がよく分からん。
 さて、ゆいレールに乗りに行く。日本の鉄道で乗っていないのが4路線ほど、そのうちの一つがゆいレール。何れ沖縄へと思っていたのだけどこの機会に乗ってしまう。生憎沖縄は雨だけどとりあえず終点まで乗り通そう。一日乗車券を買う。4月から\200値下げで\600だ。首里まで一往復で\580。どうせどこかで降りるだろ。15時ちょうどの列車に乗る。空港から街中へと電車は進む。最初は住宅地、次第にビルが立ち並ぶようになる。お客さんも増えて来て、えらい都会に迷い込んだ感じがする。降りながら首里を目指すか、とりあえず首里まで行っちゃうか、悩んでみたけど空港食堂で飲んだオリオンビールが廻ってめんどくさくなる。結局乗り通す事になる。首里到着。駅の周りを歩こうかとも思うけどやっぱり雨。案外首里城が近いから歩いて行ければ楽しそうなんだけど。とりあえず戻るか。駅へと戻る。今度の電車は運転士が女性だ。新しい鉄道だし、積極的に採用したのかなとも思うけど、それ以前と以降全部で5回乗った電車の運転士は殆ど男性だった。電車は首里を出るときは空いているけど次第に混雑してゆく。このまま那覇空港まで戻るのは馬鹿らしいなぁ、降りてみるかと思い立ったのが那覇空港の一つ手前、赤嶺。ここが日本最南端の駅になるそうな。ごく普通の住宅地だし、今までのタイトルホルダー、西大山と比べて風情も何にも無い。とりあえず駅前に立つ日本最南端の駅と言う碑を眺める。相変わらず雨が降っている。まだ時間があるので那覇市内の方へと戻る。次に降りたのが壺川。以前、京王百貨店の駅弁大会にここの駅弁と称するものが出ていた。無論通勤通学の脚であるモノレールに駅弁なんてあるわけなく、現地には影も形も無いのだけど。まん前は公園で晴れていれば気持ちよいところかもしれない。ここで撮った写真が記念すべき8000枚目となる。
 今度は三駅進む。美栄橋。那覇の中心地になるらしい。タコライスというものを食べてみたい、空港でも食べられるけどどうせなら外がいい。適当に歩いていると賑やかな通りに出る。後で気が付いたのだけどここが有名な国際通り、らしい。お土産の安売りなんて店もあるけど歩いている人はだいたい地元の人の様子。途中にタコライスの看板を出した店が出ていたのでそこに入る。二階にある店からは国際通りを歩く人々の様子が良く見える。高校の制服がもう夏服だ。こちらの感覚からすると早すぎる気もするけど、でももう20℃以上だしねぇ。眺めているうちにだんだん地方都市らしく見えてくるのがちょっと不思議と言うかこちらの感覚がだんだん調整されて来たのかな。
 そろそろ空港に戻る。那覇空港の駅に日本最西端の駅という看板が出ている事に気が付く。これは知らなかった。
 飛行機の時間まではあと1時間弱。ちょうど良い時間だ。荷物を預けセキュリティーチェックを通過。珍しく会社への土産を買ってみたりする。今日は休暇出してたからねぇ。せめてもの罪滅ぼし。