日曜日の朝を横浜の自宅で迎えた。ゆっくり起きて朝食。洗濯を手伝う。調子が悪くなることは無いが、ゆっくりしつつ、多少の身支度。今週末の準備もあって荷物が増える。スーツけーしに十分入る量だけど。
 簡単に昼食を頂いた後、出掛ける。今日は15時半のフライトで伊丹へ。妻に送られ南太田に出ると

 15運用1413編成。4両普通車の客になる。先頭は座れない程度に混んでいて、中ほどの車両へ。横浜でがら空きになるが何となく今迄と変えて横浜乗り継ぎにしてみる。

 今度は5D運用。1325編成。6両エア急。普通4両、エア急6両。この時間帯は省エネで運行中ですかね。
 14時半前に羽田到着。1時間程、余裕がある。

 この先の出発便。普通席まで含めて混んでいる便が多い。昨日の新幹線も混んでいたし、連休前にも関わらず、人の動きが激しい事。
 搭乗手続きで荷物を預ける。ちょっと重め、10.6kgから解放される。さて、ラウンジへ。

 羽田国内線DPラウンジのビールラインナップはヱビスビールハートランド。他の空港も見習ってほしい。つい1杯、1杯。もう1杯。短い時間の割にペースが早いかも知れない。

JL125 JA603J B767-300ER HND→ITM

 25分前に席を立ち、搭乗口へ向かう。今日のフライト、今年何度目だろうと思う伊丹行き。

 機材も今年何度目か分からない国内線転身組のB767-300ER。今日は603Jだった。

 事前改札で子連れのお客さんが何組か機内に消えた後、優先搭乗で乗ってしまう。座った席の近くにいた乗務員さんに流れで都道府県シールをお願いすると、「一人一人のお渡しとなりますが」と滋賀のシールを渡される。「今日これから行くんです」「お仕事ですが」「単身赴任です」と会話になったが、滋賀に行くのに伊丹経由というのは、考えてみれば変人申告かオタク深刻のどちらかに違いない。

 定刻を過ぎて「出発の最終確認に時間を要していおります」と案内。お客さんが一人後方へと過ぎて行った15:38、Doorclose。最近のJAL、「あとn名のお客様をお待ちしております」と言う代わりに「最終確認に時間を要しております」という言い方をするようになった、ような気がするのだが気のせいか。
 15:40、Pushbuck。改めて出発が遅れたことのお詫びがある。15:48、Taixing。飛行機は北側へと向かう。今日も南風の一日だ。15:53、Take off RWy16R。

 横浜の街が霞の中、浮かんでいる。徐々に南側へ回り込んでゆくと横浜の南側へ。八景島がぼんやりと。

 その向こうに見える三浦半島。そして湘南海岸。15:58、ベルト着用サイン消灯。伊丹着陸、16:40となる旨の案内がある。
 午後のフライト。春の霞と相まって薄らぼんやりした空気の中、飛行機は高度を上げてゆく。箱根のカルデラを見下ろしつつ、だんだんと富士山が見えてくる。

 一段と高い山の頂だけは、春霞の中でも割としっかりきっかり見えているような。段々西に遠ざかる頃、飲み物のワゴンが廻って来る。

 ビール三杯が少々効いたのか、塩分が欲しくなった。昼間便でコンソメスープを貰うのはあんまりないのだけどね。揺れてはいないけど蓋を付けて貰えた。
 16:16、三河平野から三河湾へと出る辺り。あと5分でベルト着用サインが点灯する旨の案内がある。

 普段より気持ち北側を飛んでいるようで、セントレアを割と近くに眺めて西へ。伊勢湾を越えて松坂の辺りに差し掛かった後、16:22、ベルト着用サインが点灯する。
 少し高度が落ちてきて地上の存在感が増してくる。窓外に名張あたりらしい住宅地。これから向かう近江はその北の北、霞の向こうかと思ってみていると山を越えて奈良盆地へ。古墳がちらちら見えて空の上まで歴史の匂いが伝わって来る。
 16:30、生駒越え。大阪平野の最終アプローチに差し掛かる。何時も富士山につられて右側を選ぶが、左側の席なら大阪の市街地が見える。まぁ、この時間は逆光か。

 順光は淀川の流れ。1時間後ぐらいにこの下、淀川を遡る様に進んでゆく事になるはず。まだ先は長い。
 高度を落として、ちらっと太陽の塔を見つけると16:35、Landing、RWY34R。スポットは14番だそうだ。17or18が常だけど何があった?と思ったら、伊丹空港。到着ターミナルが改装されて、南北統一になったのだった。到着口に近いスポットが玉座となった模様。

 普段見慣れないスポットへ。16:37、Spot in SP14。

 ここまでお世話になったJA603J。14番は機材が少々撮りにくいようだ。無理矢理撮って新しくなった到着ターミナルへと進む。

 南北の真ん中、今まで遊んでる風だったところに赤青共用の荷物引き渡し場がある。こちらでしばらく待って荷物を受け取り。今日はさらにKIX-ITMカードの受け取りもやっておく。これからしばらく、関西圏で暮らす以上は関空のお世話になりざるを得ない。
 用事を済ませてモノレールから阪急経由、大阪駅へ。新快速を捕まえる。神戸よりの乗車口に並んで無事に着席。少々京王線恥辱を進めて1時間ほど。夕方、まだ明かりの残る時間に近江の出先に到着。
 買い物をしてから家に行くつもりが、荷物が重いのでそのまま家へ。一旦上がってしまうと色々と面倒になり、結局、有りもので今日の夕食、明日のお弁当の支度を済ませる事になる。