今日は少し早く会社に行きたく、心がけて7時前に家を出る。久しぶりに間に合った9運用。

 1581編成で文庫。バスも10分早めたから、意図通りに少し早く仕事に取り掛かる。
 夕方は飲み会なので仕事は定時に切れるように進める。今日の飲み会、集合時刻厳守と言われている。普段、パラパラと遅刻する人が目立つ中で集合厳守というのは少々ハードルが高い。
 17時半で仕事を切り上げる。まだ少しやっても間に合うが、もう少し、あと少しは遅刻の元である。さっさと集合場所に向かう。
 杉田から関内へ。

 根岸線は1740A列車、E233系140編成。関内に18:30。集合は19:10と区切られている。集合場所まで少々距離があるが、それを考慮しても時間は多少ある。 

 歩く途中にゼロ次会。時間限定でハイボール50円だったから会計は380円なんてセンベロも恐怖の価格破壊っぷりだった。
 後があるので1杯だけで先を急ぐ。関内から海寄りへ。向かった先。

 みなとみらいを一望できる大桟橋。みなとみらい側が見える岸壁には

 クルーズ船が停泊中。これ、初代飛鳥の里帰りだそうで。勿論こちらに縁がある訳ではない。今日のご用事はこちら。

 横浜港内だけを巡るクルーズ船。ロイヤルウイング。
 先程のクルーズ船と比べると2000トンクラスの内航船でありだいぶ小さい。小さいと言えども20年間横浜で暮らしてきて全く縁のない存在ではある。
 その縁の無い船に会社の人が100人弱。今日は事業部全体のイベントで乗船する事になっている。というのも、工場の再編があって春に異動する事になったので、その前に再編先に行く人行けない人交えてのイベントを、となった次第で。
 横浜を離れるとなると、そういえば横浜でしか出来ない事が色々あるなぁと思っている。20年住んでてやっていない、体験していないのだから、その程度の熱意かも知れないが、思いつくままに書き連ねると、
大岡川の花見船
・会社帰りに横浜スタジアムでナイター観戦
・野毛で歌丸さんの高座を見る
・横浜大桟橋からの出入国
ランドマークタワーの展望台見学
・ロイヤルウイングのディナークルーズ
八景島の牡蠣小屋で焼き牡蠣
 といった調子。そのうちの一つが転がり込んできたので参加する次第。
 出航は19:30。勿論、「その船まって〜」とは行かないので集合時間厳守であった次第。さすがに遅れてくる人はいなかった様子。19時半がだいぶ迫って、個人客乗船の後、団体さん乗船となる。

 小さい船、と言っても2000トンクラス。大岡川の屋形船よりはるかに大きく、100名に満たない人数では貸切にはならない。案内されたのは搭乗デッキから1階下がった大きなフロア。窓は小さく、フロアレベルは喫水線に違いない。丸テーブルが幾つもあって、まるで結婚式場に迷い込んだかのような感じ。違うのは、床が揺ら揺ら揺れている事。
 何せ船なので乗船代が掛かり、それにプラスして食事代。飲み放題はついているが、純粋な宴会と捉えると、値段の割に飯はしょぼく、酒も大したことは無い。

 ビールもこんな感じだったので、チェーサーとウィスキーでしばらく。小さな窓からベイブリッジが見えて、東京湾へと出た事を知る調子。高層階は大きな窓から横浜の夜景が一望だろうが、こちらはそうでもない。そのうち、みなさんデッキに出たようで、会場の人が半分以下になる。

 冬で無ければ、こちらの方が居心地が良さげ。
 圧倒的に寒いので船底に戻り酒を飲む。
横浜を離れるにあたっての心残り、一つが片付き21時半に大桟橋に戻る。まだ21時半。幹事が2次会を仕込んでいるそうなのだが、部下が魚●なんて行きたくない、と仰るので、なら平日夜の中華街でも行ってみる?と振ってみる。夜の中華街というのも横浜市民でないと味わい難い。
 しれーと集団から離れて中華街へ。閉まっている店が多い。後で云われて気付いたのだが春節だから華僑はお休みなのだった。そんな中、路地に入った店が営業していたので入ってみる。

 ビールを頼むと酎ハイのグラスで出てくる。いかにも適当な華僑の店だが、ビールはそれなりに旨い。


 適当に4〜5品。先程の船でも中華だったけど、料理は圧倒的にこちらの方が美味しい。そして安い。
 23時ぐらいまで飲んで解散。石川町の駅に出るつもりが中華街トラップにはまって気が付いたらスタジアムの裏。関内に出る。一人になった後は、もう1軒、と思いつつ結局は自宅まで歩いて帰宅。